« 職業“詐欺”~増殖する若者犯罪グループ~ | トップページ | ああ中川大臣 辞任… »

2009/02/17

特別支援教育はどこにいく

 バタバタしている数日間に起こったニュースですが、あまり注目されていない大事なもの。
 文部科学省の特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議が、「特別支援教育の更なる充実に向けて(審議の中間とりまとめ)~早期からの教育支援の在り方について~」を発表した。
 実物はこれ

 特別支援教育の本来の理念は、発達の上で特別に重要な教育的なニーズをもった子どもたちに必要な教育を保障すること、しかし現状の条件整備の遅れをあいまいにしながら、一方で、「個別支援計画」を強調する。
 だから養護学校のリストラもすすむし、インクルーシブ教育を強調するが通常教育の整備はすすまない。

 気になるのは、この間ずっと「自己責任論」を強調するような流れになっていること、よく考える必要がある問題である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 職業“詐欺”~増殖する若者犯罪グループ~ | トップページ | ああ中川大臣 辞任… »

コメント

教育の場面での自己責任論とはどんなことになるのでしょうか

投稿: す | 2009/02/22 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44096816

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援教育はどこにいく:

« 職業“詐欺”~増殖する若者犯罪グループ~ | トップページ | ああ中川大臣 辞任… »