« カーリング親って | トップページ | 菜の花畑の笑顔と銃弾 »

2009/02/25

警告無視の海賊船に射撃限定  自衛隊派遣新法案の概要判明

 いよいよ姿を現してきましたね。

警告無視の海賊船に射撃限定  自衛隊派遣新法案の概要判明(共同通信)

 ソマリア沖などの海賊対策のため自衛隊派遣を随時可能にする新法案の概要が25日、明らかになった。海賊船を積極的に探索し、武器を使用して拿捕する事態は想定せず、威嚇や警告の射撃にもかかわらず民間船に接近してくる海賊船への射撃に武器使用を基本的に限定している。与党は同日のプロジェクトチーム会合で、こうした規定を新法案に盛り込むことを了承した。
 新法案は大幅な武器使用の緩和を見送ったが、自衛隊の活動を定める実施計画や要領で具体的にどのような場合に船体攻撃の武器使用を認めるかが焦点となりそうだ。
 概要によると、自衛隊法の海上警備行動では日本関連船に限定される護衛対象に外国船も加える。ただ政府関係者によると、運用では、自衛隊が護衛する日本関連船の船団に外国船が加わる場合などに限定する見通し。
 船体射撃など相手に危害を与える攻撃は、海上警備行動と同様、正当防衛、緊急避難に限られる警察官職務執行法7条を「基礎とする」と準用を明記。その上で無線や海面への射撃による警告をしても、接近してくる海賊船を停船させる目的で船体射撃を容認する規定を設ける。…

 この法律案が、どれだけ整合性のない、矛盾にみちたものであるのかについては、後日、論じたいと思います。

 ただ一方で大事なのは、この付け焼き刃の法案は、それが本丸ではないから生じるということなのだと思います。やはり本丸は、アフガン派兵であったり、恒久法であったり、集団的自衛権の見直しであったりするのでしょうね。
 いま半田さんの『「戦地」派遣 変わる自衛隊』なども読んでいますが、面白いですよこれ。
 しばらく、安全保障はテーマにしてこなかったので、いろいろ書きたいことがたまっています。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« カーリング親って | トップページ | 菜の花畑の笑顔と銃弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44177429

この記事へのトラックバック一覧です: 警告無視の海賊船に射撃限定  自衛隊派遣新法案の概要判明:

« カーリング親って | トップページ | 菜の花畑の笑顔と銃弾 »