« 歓喜の歌 | トップページ | 学校に言論の自由をもとめて Part II »

2009/02/03

道徳教育:「心を育む5つの提案」発表 塩谷文科相

 うーん。今日はこんなことがあったそうだ。

道徳教育:「心を育む5つの提案」発表 塩谷文科相(毎日新聞)

 塩谷立文部科学相は3日、道徳教育を充実させるための取り組みとして、各学校や家庭、地域が重視すべきことなどを示した「『心を育(はぐく)む』ための5つの提案」を発表した。塩谷文科相は「基本的倫理観や自制心、自立心を育てる取り組みは社会総がかりで実行する必要がある。家庭や地域社会に呼び掛けたい」としている。
 提案は(1)「読み書きそろばん・外遊び」の推進(2)校訓を見つめ直し、実践する(3)先人の生き方や本物の文化・芸術から学ぶ(4)家庭で生活の基本的ルールを作る(5)地域の力で教育を支える--が柱。家庭では、携帯電話の使い方のほか「あいさつしよう」「手伝いをしよう」など親子間の約束事を定めるよう求めている。…

 こんな提案をうけて、全国のお父さんやお母さんはどんな感想をもつのだろうか。子どもたちは何と感じるのだろうか。なんと説教じみたもののいい方なのだろうか。いまの政治の実態を見ていて、こんなことをいうのは恥ずかしくないのだろうか。

 もちろんここには、子どもたちが、いま何に悩み、葛藤し、苛立ちを覚えたり、不安を感じたり、もどかしさを感じたりしているのか。どんな願いをもっているのかなどの視点などは感じられない。ましてや、子どもの発達をめぐって、どんな課題があり、どんな願いがあるのかなどの視点もない。たとえ、1つひとつの文言を善意に解釈しても、そこからは、やっぱり上からの教化の視線しか見えてこないし、その結果、より息苦しさというか、こんな方向と学校でおこることがどんどん乖離していくとしか思えない。

 今日の時点では、文部科学省のHPには、この提言はアップされていない。そんなに大きなニュースにもならないし、もともと、そんなにやる気もないということでもあるのだろうか。
 教育がどんどん薄っぺらく、疲弊していくだけということなのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 歓喜の歌 | トップページ | 学校に言論の自由をもとめて Part II »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43948697

この記事へのトラックバック一覧です: 道徳教育:「心を育む5つの提案」発表 塩谷文科相:

« 歓喜の歌 | トップページ | 学校に言論の自由をもとめて Part II »