« オバマ政権が求めるもの 自衛隊の役割拡大を評価=駐日米大使候補ナイ氏 | トップページ | 封鎖された街に生きて ~ガザ ウンム・アシュラフ一家の闘い~ »

2009/02/09

闘うリハビリII 寄せられた声をたずねて

 今日(もう昨日になっている)のNHKスペシャルはおもしろかった。昨日(一昨日)のNHKスペシャルなどは、この間の、いろいろな番組とあわせて、後日、書こうと思う。

 さて今日(昨日)の番組。

090208_b リハビリ(=全人間的復権)に取り組む人々は全国に200万人。2008年2月に放送したNHKスペシャル「闘うリハビリ」では、私たちの脳に秘められた限りない再生力を解き明かし、超早期リハビリという医療の常識をくつがえすリハビリの可能性を伝え、番組には多数の手紙やメールが寄せられた。
人々の声から浮かびあがってきたのは、彼らが直面している現実の厳しさ。『もうこれ以上やってもよくなりませんよ、とリハビリを打ち切られ、絶望している』『いったんリハビリを中断したら体の状態が極端に悪化してしまった』。退院後、リハビリを続けたいと願いながら、制度や介護施設が見つからないなどの事情で、リハビリを続けられていない人々がいる。
 番組では、2008年春、脳出血に倒れて以降リハビリを続ける藤田太寅キャスター(元NHK解説委員)が現場へと出向き、回復の途上に立ちふさがる「壁」とは何か、それを乗り越えるにはどうすればいいのか、何が必要なのか、当事者の目線に立って伝えていく。

 リハビリを継続させていくうえでの、社会制度(システム)の困難さということを痛感させられる。
 大切なことは、リハビリの意味をどう捉えるのかということ。リハビリを単純に機能回復というたて軸だけでみるのではなく、生活の豊かさという横軸でも捉えることが大事だろう。それは、発達という問題にほかならない。
 もちろんリハビリそのものにも、ほんとうに遅々としてすすまないような時期も存在する。しかし、そうした視点にたった、豊かな、ねばり強いとりくみがあるのだ。
 いま求められるのは、そうした取り組みの支援を政治がもっと行うこと。そのような社会の仕組みをつくることなのだと強く感じた番組だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« オバマ政権が求めるもの 自衛隊の役割拡大を評価=駐日米大使候補ナイ氏 | トップページ | 封鎖された街に生きて ~ガザ ウンム・アシュラフ一家の闘い~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44001287

この記事へのトラックバック一覧です: 闘うリハビリII 寄せられた声をたずねて:

« オバマ政権が求めるもの 自衛隊の役割拡大を評価=駐日米大使候補ナイ氏 | トップページ | 封鎖された街に生きて ~ガザ ウンム・アシュラフ一家の闘い~ »