« 対米関係「良い」最低の34%…読売・ギャラップ調査 | トップページ | 日本は若年雇用の改善を=長期失業率、平均上回る-OECD »

2008/12/18

いったい国会は何をしているのか!

 表題のように思うのは、国民の素直な感情であろう。

参院厚労委、野党の雇用法案を可決=19日通過-与党反発、委員長解任案を提出(時事通信)

 参院厚生労働委員会は18日夕、民主、社民、国民新の3党が参院に共同提出した雇用対策関連4法案を採決し、民主党など野党の賛成多数で可決した。4法案は19日の参院本会議で可決、衆院に送付される。与党は衆院では審議せず、会期末に廃案か継続審議とする考えだ。
 4法案は18日午後、同委で審議入りしたが、岩本司委員長(民主)は同日夕、質疑終局を宣言し採決に踏み切った。与党議員が委員長席に詰め寄り抗議する中、可決された。共産党は棄権した。
 これに対し、与党は反発。自民党の鈴木政二、公明党の風間昶両参院国対委員長が、江田五月参院議長に会い、採決の無効を訴えたが、江田氏は「ルールにのっとっている」と有効と判断した。このため、両党は、四法案の同委への付託を決めた西岡武夫参院議院運営委員長と岩本委員長に対する解任決議案を提出した。
 19日の参院本会議では、野党の反対で岩本委員長解任決議案が否決された後、4法案を採決する。議運委員長解任決議案は上程されない見通し。委員会採決を棄権した共産も賛成する。与党は4法案の採決時に退席する方針だ。…

 いったい国会はどうなっているのだろう。
 もちろん、一義的な責任は与党にある。16日の経済諮問会議の内容を見ても、政府は、雇用の問題を大企業にその責任をはたさせて解決するということにきわめて消極的だし、大企業の側も、経団連の経労委報告に見られるように、あまりにも無関心だ。民主党などの法案の内容を見ても、自民党が反対する内容とは思えない。
 だとしても、民主党などの対応はどうなのだろうか。問題を政治の力で解決するということに、あまりにも知恵がない。与党が反発するにきまっている方法をあえてとっているとしか思えない(とは言っても、ニュースなどで見る与党の論戦の内容はあまりにもひどいし、党首会談の申し入れに対する麻生さんの言い草はあまりにもひどいので、正直、民主党などには同情するが)。
 でも、いずれにしても、いま求められていることは、政治が、総力をあげて、この時期に困難に直面している人への支援をどうすすめるかということを優先させることだろうと思う。不一致点は脇において、やるべき一致点を見出すことはできないのかということだ。なぜ、真摯な協議ができないのだろうか。

 これでは与党も民主党なども政治家としてのあり方が問われる。もう一度原点にたちもどって、現状を打開する知恵を発揮してほしいと切に願う。苛立ちを覚えるのは、ボクだけではない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 対米関係「良い」最低の34%…読売・ギャラップ調査 | トップページ | 日本は若年雇用の改善を=長期失業率、平均上回る-OECD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43461020

この記事へのトラックバック一覧です: いったい国会は何をしているのか!:

« 対米関係「良い」最低の34%…読売・ギャラップ調査 | トップページ | 日本は若年雇用の改善を=長期失業率、平均上回る-OECD »