« 緊急シンポジウム 田母神空幕長問題を問う | トップページ | 生きさせる思想 記憶の解析、生存の肯定 »

2008/12/08

引き揚げはこうして実現した~旧満州・葫蘆(ころ) 島への道~

081208_a シンポジウムから帰ってからだったので、番組の冒頭には間に合わなかったけれど、なんとかだいたい見ることはできた。

 満州からの引き上げにまつわる話であるわけだけれど、知らない話がたくさんあった。
 日本は棄民の政策をとった、というより、この地に日本の影響力を残すために積極的な引き上げ策はとらかなったということなのだろうか。中国は「留用」という政策をとる。戦後の復興のために日本の技術者を利用しようと言う政策。一方アメリカはソ連の侵攻と圧力にそなえて、国民党政府にてこ入れするとともに、ここでも日本の影響力を排除するために、引き揚げを積極的にすすめていく。こうして、莫大な人間の引き揚げ事業がすすめられることとなる。それがどのようにすすめられたのかについて、最新の資料なども紹介しながら、番組はすすむ。

 ボクの母も、看護婦として葫蘆島にいたという話を聞いたことがある。が、実際に、どのようなことがおこなわれていたのかは、ほとんど知らなかっただけに、興味深い内容の番組だった。いちばんの被害が子どものうえにのしかかったことはよくわかった。
 なかなか、日本の満州支配の実相との関わりが見えてこないところもあるので、どうこうした問題を位置づければいいのか、見ている側が整理できないところもあって、こなしきれないもどかしさも、感想としては残っているのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 緊急シンポジウム 田母神空幕長問題を問う | トップページ | 生きさせる思想 記憶の解析、生存の肯定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43362858

この記事へのトラックバック一覧です: 引き揚げはこうして実現した~旧満州・葫蘆(ころ) 島への道~ :

« 緊急シンポジウム 田母神空幕長問題を問う | トップページ | 生きさせる思想 記憶の解析、生存の肯定 »