« 世界人権宣言60年 | トップページ | 国民学校1年生の会 キムはなぜ裁かれたのか 朝鮮人BC級戦犯の軌跡 »

2008/12/11

日本の理数、3~5位=07年国際調査

 国際数学・理科教育動向調査の2007年調査(TIMSS2007)の結果が発表された。

日本の理数、3~5位=07年国際調査(時事通信)

 文部科学省は10日付で、小学4年と中学2年を対象にした2007年の国際数学・理科教育動向調査の結果を公表した。03年の前回調査に比べ日本の平均得点はおおむね上昇。参加国が増える中、各教科の国際順位は3~5位で上位を維持した。
 同省は「学力の低下傾向に歯止めが掛かった。学習意欲では依然課題が多いが、一部で改善も見られた」と分析した。前回調査や03、06年の経済協力開発機構(OECD)の調査では日本の学力低下が指摘され、同省は今年3月改定の小中の新学習指導要領で理数の授業時間を拡大した。
 …日本の小4は、算数が3点増の568点で4位(前回3位)。理科は5点増の548点で4位(同3位)だった。中2は数学が前回と同じ570点で5位(同5位)、理科は2点増の554点で3位(同6位)。
 学習意欲などを問うアンケートも行われ、小4で勉強が楽しいと思う割合は、算数が5ポイント増の70%(国際平均80%)、理科が6ポイント増の87%(同83%)。中2では国際平均を大きく下回り、数学が1ポイント増の40%(同67%)、理科が横ばいの59%(同78%)だった。
 「希望の職業に就くためによい成績をとる必要がある」と考える中2は、数学が10ポイント増の57%(同82%)、理科が6ポイント増の45%(同72%)。特に数学は台湾に次いで2番目に低く、学習への動機付けが課題となっている。

 概要はこれ。

 PISAとTIMSSを比べて、PISAは活用重視で、TIMSSは基礎重視という言い方がされることがある。だから日本は活用が弱いと。が、藤田英典さんは、この2つの調査の結果には違いはないのだと言っている。もともと、この2つの調査の参加国が一致しないので、正確には比較のしようがない。

 ただ、PISAの結果で、学力が低下しているとさんざん言われたけれども、結局そのことそのものの検証は必要だということもできる。学習指導要領の改訂の根拠そのものも問われているといえるかもしれない。

 心配なのは、アンケート調査の結果のほうだ。報道では「意欲」の問題が注目されているが、子どもの学びや成長をめぐっておこっている問題には注目が必要なことはたしかである。テストではかった「学力」というのは、そういう意味で、子どもの問題の1つの側面にすぎないわけで、その背後にある、子どもの問題の全体をまるごとみていくような議論こそ必要であることを示している。
 そういう意味では、日本の学力や、「学力テスト」をめぐる議論の皮相さも問いかけているということもできるのだと思うのだけれど。
 10日の新聞では、あまり識者のコメントもなく、議論が低調なのも気になるところでmのあるのだが。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 世界人権宣言60年 | トップページ | 国民学校1年生の会 キムはなぜ裁かれたのか 朝鮮人BC級戦犯の軌跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43382482

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の理数、3~5位=07年国際調査:

« 世界人権宣言60年 | トップページ | 国民学校1年生の会 キムはなぜ裁かれたのか 朝鮮人BC級戦犯の軌跡 »