« 築城基地拡張撤回 防衛省 不手際浮き彫り 大臣も対応疑問視 | トップページ | 日本IBM:「48時間で退職決意を」 労組が強要を訴え、会社側は否定 »

2008/12/04

「戦艦ポチョムキン」メイド・イン・ジャパン

Et20081128114323481l2 「戦艦ポチョムキン」は、セルゲイ・エイゼンシュテイン監督による古典的名画。モンタージュ技法、大胆な構図、歴史的な名画とも言われ、「オデッサの階段」といわれる場面は「映画史上最も有名な6分間」とも言われる。
 その映画のちょっとユニークな上映会があったのでいってきた。

 最初にシンポジウムがあった。そこで、あらためて、「戦艦ポチョムキン」という映画がたどった数奇な運命というものについても考えた。1925年につくられた映画だが、政治的理由でオリジナル・ネガがカットされ、オリジナルを買ったドイツでもボロボロに切り刻まれた。その結果、オリジナルはもはや存在しない。しかし、ソ連(ロシア)の国立のフィルムアーカイブの努力により、オリジナルに近い形で、復元はされている。映画を文化として、国の責任で、保護、蓄積している外国と日本との違いを感じた。

 小林多喜二の「蟹工船」がブームとなった。映画「蟹工船」もさまざまなところで、上映されている。この映画は、日本でも、外国でも、「ポチョムキン」の影響といわれることがあるそうだ。ところが、「ポチョムキン」は1959年まで日本で上映されることはなかったので、多喜二はもちろん、映画をつくった山村聰も見ていない。このあたりが面白いところ。
 そこで、もし多喜二が当時、この映画をみたらどんなものだっただろうかという視点で、活弁をつけ、ピアノによる伴奏で、日本語字幕なしで映画が上映された。澤登翠さんの活弁と柳下美恵さんのピアノ伴奏。

 この映画は一度見たことがあった。でも、実は、とても難解な感じがしていた。それがどうだろう、まったく違った映画のように、躍動して見えた。とくにピアノの演奏は、フィルムのなかなら聞こえてくるようだった。見事な演出が、活弁の力によって、よりわかりやすく、見るものを引き込んだ。活弁というものにはまりそう。あっという間の69分間だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 築城基地拡張撤回 防衛省 不手際浮き彫り 大臣も対応疑問視 | トップページ | 日本IBM:「48時間で退職決意を」 労組が強要を訴え、会社側は否定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43321587

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦艦ポチョムキン」メイド・イン・ジャパン:

« 築城基地拡張撤回 防衛省 不手際浮き彫り 大臣も対応疑問視 | トップページ | 日本IBM:「48時間で退職決意を」 労組が強要を訴え、会社側は否定 »