« 教科書:「基本法踏まえ採択を」 市民団体は反発--検定審報告書 | トップページ | 非正規雇用:雇い止め、失職8万5000人 先月から2.8倍--厚労省調査 »

2008/12/26

ソマリア派遣:首相が準備を指示 自衛隊活動拡大に疑念も

 最近、教育の問題や、貧困の問題、若者の問題を論じることが多く、安全保障や外交の問題など、本来、ボクがするべき仕事に十分取り組めていないことにはだいぶ反省をしている。ここいらで、少し、勉強していろいろ考えないといけないなあとは反省はしている。
 たとえば、やっかいな問題は浮上する。

ソマリア派遣:首相が準備を指示 自衛隊活動拡大に疑念も(毎日新聞)

 麻生太郎首相は26日、アフリカ・ソマリア周辺海域の海賊対策で海上警備行動を発令して海上自衛隊を派遣する準備を関係閣僚に指示した。だが、日本周辺海域を念頭に置いた海警行動での派遣は自衛隊の海外派遣をなし崩し的に拡大する危うさをはらむ。国際的な活動に日本国民の生命や財産を守るための規定を適用することにも疑念の声が上がっている。
 河村建夫官房長官は26日、自民党の保利耕輔政調会長に、通常国会で成立を目指す海賊対策の新法について与党で検討するよう要請した。国際的な海賊対策に自衛隊を派遣するための恒久法となる見通しだが、ねじれ国会で成立のメドは立っていない。与党の公明党も自衛隊の海外派遣に慎重だ。このため政府は早期派遣のための苦肉の策として、自衛隊法の海警行動を適用する方針を固めた。…

 海賊の問題は、だれもが解決すべき問題だと考えるし、それはそうだ。だから、日本も何らかの協力をするべきだということはそれはそうだと思う。ここのところ、いろいろな国は、ソマリア沖に軍隊をおくって監視活動を強めようとしているのも事実なようだ。では日本の自衛隊も? それもまず、現行法で送るという話が出ている。

 ただ、よく考えるべきことはたくさんある。もちろん、海賊対策といっても、その対応は即、戦闘行為につながるものだという問題もある。
 が、なによりも本来、海賊対策は警察活動である。だから自衛隊を派遣しても9条と矛盾しないというのが政府の主張なのだろうけれど、警察活動であるならば、本来は、地域の警察力の強化を基本として考えるべきである。日本の自衛隊にとっては、あまり縁のない地域なのであるのだから、地域のことをよく知っている国の警察力の力を十分に出す条件を整備することをまず考えるべきなのだと思う。本来、国際社会の議論は、そのようにすすんでいたのだと思うのだけれど。だから、現在の状況については、よく考える必要があるのではないのか。
 もともと、国内の問題ともからんだ事態なのだから、そのことを踏まえた、連携した対応も必要にもなるのだろうからなおさらだ。
 こんなことを考えると、政治が前のめりになって、自衛隊を外に出す実績を積み上げようとしていると受け止められても仕方がないように思えるのだけれども、どうなのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教科書:「基本法踏まえ採択を」 市民団体は反発--検定審報告書 | トップページ | 非正規雇用:雇い止め、失職8万5000人 先月から2.8倍--厚労省調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43539242

この記事へのトラックバック一覧です: ソマリア派遣:首相が準備を指示 自衛隊活動拡大に疑念も:

« 教科書:「基本法踏まえ採択を」 市民団体は反発--検定審報告書 | トップページ | 非正規雇用:雇い止め、失職8万5000人 先月から2.8倍--厚労省調査 »