« 決意! | トップページ | いすゞ期間従業員が労組結成=契約解除撤回求める-栃木 »

2008/12/03

歳出削減路線を転換=財政出動を容認-来年度予算方針

 今朝、家を出ようとしたら、テーブルの上に先に出た二男の弁当が。「ばかだなあ、忘れている」と思いながら、職場に向かう。電車にのって、ふと「あっ、生協を外に出していない…」。人のことは言えません。

 今日は、ひたすら実務中心の一日でしたね。2人ほどと、少し話し込む。

 ところで、うーん、麻生さんやっぱり予算は乗り越えられないのかなあ、などと感じる一日(笑い)。

歳出削減路線を転換=財政出動を容認-来年度予算方針(時事通信)

 政府は3日夜の臨時閣議で、2009年度予算編成の基本方針を決定した。世界的景気後退を受け、経済対策の拡充を求めた与党に配慮し、「状況に応じて果断な対応を機動的かつ弾力的に行う」との文言を明記。財政出動を容認し、小泉政権以来の財政再建路線を事実上、転換した。
 麻生太郎首相は同日、記者団に対し、「いろいろなやり方は考えられる。与党と協議したい」と述べ、シーリングとは別枠で大型の財政出動を検討する考えを表明した。首相官邸を訪れた自民、公明両党の政調会長に対し、「経済状況の変動をかんがみて、何らかの措置を取らないといけない点がいくつかある」と語った。

 これが問題の来年度の予算編成の基本方針
 結局、いまの政治運営、財政運営のどこに問題があるのかということを、きちっと総括せずに、小手先で軌道修正しようとすると、どこかしらにボロがでるという典型のような話。結局、解決すべきことの多くは解決しないし、求められることの多くのところには、予算の手当がない。矛盾だらけの予算編成になる。

 攻めどころがたくさんあるから、予算審議になればボロボロになりそうな気配。どうなるのでしょうか、この政権は…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 決意! | トップページ | いすゞ期間従業員が労組結成=契約解除撤回求める-栃木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43312458

この記事へのトラックバック一覧です: 歳出削減路線を転換=財政出動を容認-来年度予算方針:

« 決意! | トップページ | いすゞ期間従業員が労組結成=契約解除撤回求める-栃木 »