« 国民審査で、竹内行夫に×を! という運動のお話 | トップページ | 今年の「年次改革要望書」はフジテレビが大特集 »

2008/11/07

筑紫哲也さん死す

 今日は、いつもより腰が痛い。仕事は、遅く出勤して、夕方には、帰宅した。
 実は、今日は○○歳の誕生日。それで、帰省中の長男が、夕食をつくってくれた。
 8時に家につくと、正直、かなり楽である。気持ちにもゆとりが出る。いつもは、11時ごろだからねえ。

 さて、今日、ニュースキャスターの筑紫さんがなくなった。とくに、好きだったわけではない。いろいろ言いたいこともあった。が、彼がメインキャスターをしていたころの「NEWS23」は、いつも見ていた。やはり、キャスターが変わってから、この番組もずいぶん平凡になった。
 そう言えば、若い頃、彼が編集長の「朝日ジャーナル」なども読んでいた。
 テレビというものの、いろいろな可能性と課題や限界をいつも考えさせてくれたようにも思う。
 一つの時代が終わったのだろうけれど、同時に、新しい時代がはじまったのだと思いたい。

 合掌。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 国民審査で、竹内行夫に×を! という運動のお話 | トップページ | 今年の「年次改革要望書」はフジテレビが大特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43042171

この記事へのトラックバック一覧です: 筑紫哲也さん死す:

« 国民審査で、竹内行夫に×を! という運動のお話 | トップページ | 今年の「年次改革要望書」はフジテレビが大特集 »