« 金融化の災い  みんなのための経済の話 | トップページ | 「ちょうかい」SM3を発射=迎撃には失敗-防衛省 »

2008/11/20

泡瀬埋め立て 差し止め/県・市の支出禁じる/那覇地裁「経済的合理性なし」

 家の夕刊には載っていなかったので、詳しい内容は、まだよく分からないが、画期的な判決がおこなわれたようだ。

泡瀬埋め立て 差し止め/県・市の支出禁じる/那覇地裁「経済的合理性なし」(沖縄タイムス)

 泡瀬干潟の埋め立て開発に反対する沖縄市民ら約五百八十人が、沖縄市長と県知事に事業への公金支出の差し止めと、県知事に対して既に支出した二十億円を当時の稲嶺恵一知事と国に損害賠償請求するよう求めた訴訟の判決が十九日、那覇地裁であった。田中健治裁判長は、東門美津子沖縄市長が事業計画の見直しを表明していることを踏まえ、「現時点において事業は経済的な合理性を欠く」と指摘。沖縄市長に事業に関する一切の公金支出の差し止めを命じた。…

 公共事業の見直しが一定進んだように見えても、まだまだ大きな事業は続いている。高速道路がその典型だろうけれど、この間、川辺川や大戸川などダムの問題も注目をあびている。そして、ここでは干潟の埋め立てがとわれた。
 沖縄タイムスでは、五十嵐敬喜さんが「費用対効果の問題を正面から取り上げて、経済的合理性が認められないと判断した非常に画期的な判決だ」「これまで公共事業をめぐる訴訟では、事業の公共性と住民の被害を比較して、公共性が上回るとするのがほとんどだった。道路特定財源の問題など、行政は費用対効果の検証にやっと取り掛かったところで、それを先取りしている」とのべているが、注目すべき論点がありそうだ。

 政治のゆきづまりを、司法が冷静な判断をしたとも言えるのかもしれない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 金融化の災い  みんなのための経済の話 | トップページ | 「ちょうかい」SM3を発射=迎撃には失敗-防衛省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43167959

この記事へのトラックバック一覧です: 泡瀬埋め立て 差し止め/県・市の支出禁じる/那覇地裁「経済的合理性なし」:

« 金融化の災い  みんなのための経済の話 | トップページ | 「ちょうかい」SM3を発射=迎撃には失敗-防衛省 »