« 英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分 | トップページ | 「家族崩壊」 考え直しませんか? ニッポンの働き方 »

2008/10/17

頑張る読売新聞???

 今日は、遅くまでひたすら急カーブをきった仕事に向かう。途中、打ち合わせなどもあり。夜、1人で職場に残って仕事をするのも寂しいものである。そんなに仕事がすきな人間でもないのになあ。
 気分転換に、新ドラマ「小児救急」を10分ほど見る。虐待の親への対処など「?」だけれど、若い医師の成長物語だから。総じて、子どもの母親に向き合おうという主人公の姿には共感。小西真奈美はいけている。懐かしい、筒井康隆の「七瀬ふたたび」は我慢した。

 子ども問題にかかわって、読売新聞ががんばっている。15日は、「生活ドキュメント」という欄で、「貧困が生む高校中退」という特集をやっていた。以前、NHKが報じた調査を後追いしたものだけれど、授業料免除の生徒の多い高校で。経済的な困難のもとでの学習意欲の減退のために辞めていく高校生の姿をおっている。青砥先生や白鳥先生という埼玉の教育センターの先生が子どもについて語り、宮本みち子さんと後藤道夫さんがコメント。ちょっと読売らしくない(笑い)。

 14日、15日の夕刊には児童養護施設から社会に巣立つ若ものたちの困難と、その支援についての特集が組まれていた。
 上 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kyousei/saizensen/20081014-OYT8T00296.htm
 下 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kyousei/saizensen/20081015-OYT8T00483.htm

 いずれも十分な社会的な支援がなされていない分野の問題だけに、貴重な記事でもある。

 ただ、うがった見方をすれば、読売のことだから、構造改革に一定の軌道修正を迫りながら、消費税増税をぶちあげようとしているのではと憶測してしまう。日本は子どもの貧困率が、政府の介入後に拡大する異常な国。その原因の1つに税の問題があるのだから、そのことをいっそう拡大する消費税増税など、検討の対象にするべきではないことは明らかなのだけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分 | トップページ | 「家族崩壊」 考え直しませんか? ニッポンの働き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42812176

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張る読売新聞???:

« 英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分 | トップページ | 「家族崩壊」 考え直しませんか? ニッポンの働き方 »