« 10・5 青年大集会に4600人 | トップページ | 貧困社会ニッポンの教育 奨学金を考える »

2008/10/05

「もやい」ピンチ 後援社破産、ホームレス支援困難

 今日の集会でも、もやいの湯浅さんは、いつものようにシャープな発言をしていた。大阪・南の事件に心をよせるというところなどさすがだった。自分はあきらめずに訴え続けるという訴えは心を打つ。

 実は、そのもやいがたいへんなことになっていることが、今日の新聞に載っていた。

「もやい」ピンチ 後援社破産、ホームレス支援困難(中日新聞)

 ホームレスやネットカフェ難民などの生活困窮者を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)「自立生活サポートセンター・もやい」(東京都新宿区)の活動が、主力だった後援企業の破産で窮地に立たされている。活動の危機を乗り切るため、もやいはカンパなどを募っている。
 破産したのは不動産会社「リプラス」(東京)。もやいのアパート入居支援活動に賛同し、2006年4月から、1人6カ月分の家賃保証と、もやいに毎年約1300万円を寄付してきた。もやいは、生活困窮者の自立のため、賛同する会員が連帯保証人となって、アパートに入居できる支援を続けてきた。湯浅誠事務局長(39)は「住居の確保は人間らしく生きるための最低限の基盤」と話す。…

 投資経済が、NPOの地道な活動を追いつめる――そして、実際に貧困で困っている人を追いつめる――など、許せない事態でもある。
 もやいのHPで、緊急カンパの訴えが掲載されている

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 10・5 青年大集会に4600人 | トップページ | 貧困社会ニッポンの教育 奨学金を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42697221

この記事へのトラックバック一覧です: 「もやい」ピンチ 後援社破産、ホームレス支援困難:

« 10・5 青年大集会に4600人 | トップページ | 貧困社会ニッポンの教育 奨学金を考える »