« 本田由紀を乗り越えろ? | トップページ | 息子への視線、若者への理解??? »

2008/10/13

海上自衛隊:15人相手に格闘訓練…術科学校の3曹が死亡

海上自衛隊:15人相手に格闘訓練…術科学校の3曹が死亡(毎日新聞)

 海上自衛隊の特殊部隊「特別警備隊」隊員を養成する第1術科学校(広島県江田島市)の特別警備課程で9月、男性3等海曹(当時25歳)が、1人で15人を相手にする格闘訓練の最中に意識不明になり、約2週間後に死亡していたことが分かった。海自警務隊は訓練の内容について、参加した隊員や教官から詳しく事情を聴いている。…

 特殊部隊の養成課程を中途で離脱する三曹に対する集団暴行の疑いが濃い。どう考えても、どこかの相撲部屋の”かわいがり”と同じ構図でもある。
 ここのところ、自衛隊の不祥事が続く。とくに薬物汚染の広がりや、自殺の増加は、その組織の成り立ちの土台にかかわる。自殺率(十万人当たりの自殺者数)は国家公務員平均に比べ、突出しているのはなぜなのか。「いじめ自殺」の存在を否定しているが、先日、福岡高裁判決は「上司の侮辱的言動によるストレスが原因」として国に賠償を命令している。遺族がいじめ自殺を主張する訴訟はほかにも行われている。

 こうしたことと、この間の自衛隊の役割の変貌、海外でたたかう軍隊と変貌しようとしていることとは、はたしてどんな関係があるのか。とくに第一術科学校の特別警備課程は、海自唯一の特殊部隊「特別警備隊」の養成コースでもある。
 重大な問題である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 本田由紀を乗り越えろ? | トップページ | 息子への視線、若者への理解??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42780100

この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊:15人相手に格闘訓練…術科学校の3曹が死亡:

« 本田由紀を乗り越えろ? | トップページ | 息子への視線、若者への理解??? »