« 子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知 | トップページ | 障害者29人、自立支援法で提訴 「1割負担は違憲」 »

2008/10/31

ILO・ユネスコがついに勧告含む報告書を公表!

 ILO・ユネスコ「教員の地位勧告」の適用を監視・促進する機構である「共同専門家委員会」(CEART)が、4月末に行った来日調査の調査報告書と、実情調査を踏まえた勧告を含む中間報告書を10月29日に公表しました。これは、全教が、「指導不適切教員」政策や新しい教職員評価制度、および教職員組合との交渉ルールと実際などを、申し立て(アリゲーション)したたことを受けておこなった調査にもとづくもの。これまで、委員会は、全教の申し立てをほぼ全面的に認める勧告を行っている。

 今回のCEART勧告は、文科省・教育委員会から主張・反論を聴取した上で、これまでの勧告内容を変更しなかっただけでなく、『教員の地位勧告』の遵守をこれまで以上に力強く文科省・教育委員会に勧告しており、画期的な内容になっています。

 中間報告の全文(英文)はここ。 

 全教の談話はこれ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知 | トップページ | 障害者29人、自立支援法で提訴 「1割負担は違憲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42958317

この記事へのトラックバック一覧です: ILO・ユネスコがついに勧告含む報告書を公表!:

« 子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知 | トップページ | 障害者29人、自立支援法で提訴 「1割負担は違憲」 »