« 消費税をめぐって考えたこと | トップページ | 韓国併合100年ひかえ 市民がネットワーク 京都 »

2008/10/26

橋下知事、教育めぐり討論 ヤジに「中山発言正しい」

 昨日は、午前中は会議、午後からあるちょっとした集まりに参加。あとはそこに来ていた人と少し飲んだ。
 ずっと睡眠不足なので、今日は午前中は爆睡。重たい体を引きずって、職場に向かう。自分の原稿書き。これがなかなか進まない。結局、ずっと調べものをしたり、文献を読んだりして、半日が過ぎてしまった。

 さて、こんな記事。

橋下知事、教育めぐり討論 ヤジに「中山発言正しい」(共同通信)

 大阪府の橋下徹知事は26日、一般参加者と教育問題を話し合う「府民討論会」に出席、大阪府立大(堺市)のホールで約700人を前に意見交換した。
 抽選で選ばれた15人の意見を受け、橋下知事は、全国学力テストの成績低迷などについて「頑張っている先生はいるが、家庭にも問題はある」「反復学習で基礎基本を徹底するしかない」と強調。市町村別成績を開示した判断に「大阪の厳しい現状を認識してもらうのに必要」と理解を求めた。
 持論を展開する橋下知事に反発し、教育関係者とみられる人からヤジが飛ぶ場面も。知事が興奮気味に「子どもたちをこんな人たちに任せられない。(日教組批判などで国土交通相を引責辞任した)中山成彬氏の発言はまさに正しい」と述べると、拍手と怒鳴り声で異様な雰囲気に包まれた。…

 こんな記事を読むと、カチンと来てしまう。橋下に教育の話をしてほしくないと言ってしまいたくなる。が、こうした橋下知事の発言に、「拍手」があったことは、よく考えなくてはならない。なぜ、学力テストの公開という問題――これは、教育にかかわる人ならば、冷静に考えればどれだけ危険なことであるのかは、わりかし当たり前にように考えていることが、1つの世論の流れとして、生じてしまっているのか。その結果。「反復練習を重視すること」という意見が、一定の世論として形成されているのかは、よく考えなければならない問題であるからだ。

 「子どもたちにたしかな学力を」というのは当たり前の国民的な要求である。では、子どもたちにたしかな学力をという学力とは何をさすのかは、実は、あまり議論されてこなかった。「反復練習の重視」ということも、必ずしも、否定されるべき主張ではない。が、ほんとうに私たちが考えるべき「学力」を身につけるときに、「反復練習の重視」が、今もっともおこなうべきことであるのかということも、実は検証されているわけではない。知事は、体罰を容認する発言までしたそうだけれども、「愛情があれば体罰は認められる」などという言説にも、根拠があるわけではない。
 もちろん「「子どもたちをこんな人たちに任せられない」などという知事の言葉にどんな根拠があるのかは、議論以前の問題として、まったく非科学的な感想的主張だとしか思えない。

 とりあえず、「学力」ということについてどんな議論がなされてきたのか、「学力テストと競争」の問題、意欲やモラルの形成のためには何が必要か、あたりから、議論をはじめるのがいいのだろうか。
 1週間に1度ぐらいはテーマにして考えて見たいと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 消費税をめぐって考えたこと | トップページ | 韓国併合100年ひかえ 市民がネットワーク 京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42915419

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事、教育めぐり討論 ヤジに「中山発言正しい」:

« 消費税をめぐって考えたこと | トップページ | 韓国併合100年ひかえ 市民がネットワーク 京都 »