« 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 | トップページ | ILO・ユネスコがついに勧告含む報告書を公表! »

2008/10/30

子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知

 今日、こんなニュースがあった。

子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知(毎日新聞)

 親が国民健康保険(国保)の保険料を滞納して保険給付を差し止められ、子どもが「無保険」状態となっている問題で、厚生労働省は30日、全国調査の結果を発表した。中学生以下の無保険の子どもは1万8240世帯中の3万2903人で、子どもの被保険者(約370万人)のほぼ100人に1人に上った。厚労省は同日、医療が必要な子どもがいる世帯には、有効期限を1~数カ月に限定した短期保険証を交付するよう都道府県に通知したが、「年齢によって一律に特別扱いしない」という基本姿勢は変えておらず、受診抑制対策としては疑問の声も出ている。
 調査は、国保を運営する約1800の区市町村を対象に実施。9月15日時点で、給付差し止めで資格証明書を交付された、医療費の10割自己負担が必要な世帯に、義務教育以下の子どもが何人いるかをたずねた。
 滞納世帯は全体の18.5%の384万5597世帯で、資格証明書の発行世帯は同1.6%の33万742世帯だった。無保険となっている子どもは、乳幼児が乳幼児被保険者数の0.4%の5522人、小学生が小学生被保険者数の1.0%の1万6327人、中学生が中学生被保険者数の1.5%の1万1054人だった。…

 もともと、医療制度は社会保障の一環であり、憲法25条の生存権を保障する制度として設計されるべきものであるはずだ。だから、資格証明書の発行という、無保険の状態というのは、それそのものがおかしい。が、政府は、この問題に手をつけようとしない。
 ただ、さすがに、親の状況いかんで、子どもが病院にかかれないというのは問題だとなっているわけである。

 けがをしても病院にいけず、学校の保健室で治療をうける。ぜんそくの子どもたちが薬をもらえない…。はたして、こうしたことを許していていいのか。政治が問われているニュースである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 | トップページ | ILO・ユネスコがついに勧告含む報告書を公表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42958479

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの無保険:3万人 短期証交付を自治体に通知:

« 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 | トップページ | ILO・ユネスコがついに勧告含む報告書を公表! »