« 国会は… | トップページ | 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 »

2008/10/30

高校入試、茶髪・眉そりチェックし不合格 神奈川の県立

 心が痛むニュース、腹立たしうニュースが多い、昨今。このニュースもその1つでもある。

高校入試、茶髪・眉そりチェックし不合格 神奈川の県立(朝日新聞)

 神奈川県平塚市の県立神田高校(生徒数347人)が入学試験で選考基準になっていない茶髪や眉そりなどをチェックし、該当する受験生を不合格にしていたことが28日、わかった。県教育委員会の発表によると、本来の基準では合格圏内にいながら不合格にされた生徒は、過去3回の入試で計22人にのぼるという。
 県教委によると、この不正なチェックは05、06、08年度入試で校長の指示により行われた。対象項目は、髪の色やピアス跡、つめの長さ、眉そりやスカートの長さなど。こうした「裏基準」に基づき、教員が願書受付日や受験日に受験生をチェックした。 …

 だいたい、この「裏基準」で、子どもたちの何がはかれるというのだろうか。何をはかろうというのか。それが1つ。
 百歩譲って、問題行動があるとしたとしても、そうした発達の課題をもつ、子どもたちを受け入れるのが教育であり、学校ではないのか。ここには、どこかの知事と同じような「自己責任」に臭いがプンプンする。

 ただ、この学校は、いわゆる「困難校」とよばれ、中退者も多く、生徒指導上のさまざまな課題をかかえた学校であるようだ。教師の負担が大きすぎるというのが、この校長の言い分だそうだ。そんな言い分など教育者としてあるまじきだとは思うが、一方で、上のほうから、数値目標で、いろいろと締め上げられていたのだろうなということは想像がつく。同じ神奈川では、横浜では、学校マニフェストというものがつくられ、さまざまな数値目標で、学校ががんじがらめにされているという。息のできない学校の姿が垣間見えるような気がする。
 学校をいかに自由な教育活動の場にしていくのか。そうした取り組みをすすめる学校や教師を、どう支援していくのか。教育政策そのものが問われているのだとも、同時に思うのだけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 国会は… | トップページ | 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42948631

この記事へのトラックバック一覧です: 高校入試、茶髪・眉そりチェックし不合格 神奈川の県立:

« 国会は… | トップページ | 麻生会見を見て思ったことは――責任をとろうとしない自民党政治 »