« 学校選択制:都内28市区、入学率に格差 男女比にも偏り | トップページ | 競争社会に向き合う自己肯定感 »

2008/10/22

麻生さんのバー通いをめぐって

 麻生さんの”夜遊び”が話題になっていますよね。

首相「ホテルのバーは安い」 連夜の会合批判に反論(日経新聞)

 「これまでのスタイルだし、変えるつもりはありません」。麻生太郎首相は22日、側近議員らと連夜のように高級レストランやバーを「はしご」していると記者団に指摘され、こう強調した。
 記者団が「一晩で何万円もするような店は庶民感覚と離れている」と指摘すると、「たくさんの人と会う時にホテルのバーは安全で安い所という意識がある」と反論。さらに「周りに新聞記者や警察官もいる。営業妨害って言われたら何て答える?」と問い返し、代金に関しては「幸い自分のお金もあります。自分で払ってます」と強調した。…

 つくずく庶民感覚のない人だなあと思いますよね、普通。ボクなんて、チェーンの居酒屋に行くのも1ヶ月に一度あるかどうかですよ。お酒は大好きだけど、お金がないから、家で寝る前に安酒を飲むのが楽しみって感じですからね(苦笑)。

 でも問題なのは、麻生さんは、自分で払っているというけれど、麻生さんの資金管理団体「素淮会」が、2006年の一年間で、東京・銀座や六本木、赤坂などの高級クラブや高級料亭、サロンなどに173回、約3500万円も支出していたんですよね。これって矛盾していません。首相周辺は夜会合について「緊張感をほぐすための習慣だ」と言っているのですよ。かつての支出も公私混同と言わざるをえませんが、現在も、政治資金から支出をしていないのかということも大事な問題だと思いますが、いかがでしょうか。

 さて報道では、選挙先送りムードって言われていますが、どうでしょうか。こんなとき、危ないんですよね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 学校選択制:都内28市区、入学率に格差 男女比にも偏り | トップページ | 競争社会に向き合う自己肯定感 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生さんのバー通いをめぐって:

» 問題は麻生首相のホテルバー通いより番記者にあり [ハズレ社会人]
オツカレです。 こんなことではぶら下がり自体が必要ないのではないか。 [23日 日経]首相、ホテルのバー「どなたでも来ているところ」  麻生太郎首相は23日午前、「ホテ... [続きを読む]

« 学校選択制:都内28市区、入学率に格差 男女比にも偏り | トップページ | 競争社会に向き合う自己肯定感 »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31