« タカ派政権というもう一つの性格の動向は | トップページ | 頑張る読売新聞??? »

2008/10/16

英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分

 日本では、いま学力テストの公開をめぐって、激しい議論がおこなわれている。ほんとうに子どもの発達ということに軸足を置いての議論がなかなかなされないことに、やや呆然とする思いだけれど、本家本元のイギリスでは、こんなことが起きている。

英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分(しんぶん赤旗)

 英国のボールズ児童・学校・家庭相は十四日、十四歳の生徒の全国テストを廃止すると発表しました。子どもたちが“テスト漬け”にされているとの教師や父母の批判を受けてのものです。
 …十四歳のテストは、十一歳のテストとともに、学校別の成績が発表されるため、学校間競争を激化させ、教育がテスト偏重にゆがめられるとの批判が国民各層から出ていました。…

 すでに、数年前から、序列化やテスト対策のための業者の存在など、このテストの矛盾は露わになっており、ウェールズ(だったっけ)などが離脱をしていた。
 日本では、このニュースは赤旗以外では、TBSが報じたぐらいだろうか。日本の学力テスト公開の加熱と、その議論の逸脱さを考える上でも大事なニュースなような気がするのだが。

 TBSでは、「学校にも生徒にも、とてもいいニュースです。テスト勉強に多くの時間を費やす代わりに、本当の教育を受けることができます」(全国教職員組合・ブロワー代表) という示唆深い声も紹介されていた。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« タカ派政権というもう一つの性格の動向は | トップページ | 頑張る読売新聞??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42811964

この記事へのトラックバック一覧です: 英、学力テスト廃止へ 父母らの批判で14歳対象分:

« タカ派政権というもう一つの性格の動向は | トップページ | 頑張る読売新聞??? »