« 子供の貧困…親から続く「負の連鎖」 | トップページ | 貧困の側からのたたかいが広がっているぞ! »

2008/10/07

ノーベル物理学賞に小林・益川・南部の3氏、素粒子物理学の研究で

 尊敬する益川先生が、ノーベル物理学賞の受賞というビッグニュースです。お話をお伺いしたこともあります。

ノーベル物理学賞に小林・益川・南部の3氏、素粒子物理学の研究で(ロイター)

 スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、小林誠氏、益川敏英氏、南部陽一郎氏の3氏に今年のノーベル物理学賞を授与すると発表した。素粒子物理学の研究での功績が評価された。
 東京生まれで米国籍を持つ南部陽一郎氏は、「素粒子物理学におけるCP対称性の破れ」の理論を提唱した。
 小林誠氏と益川敏英氏は、物質の最小単位である素粒子のクオークに少なくとも3世代が存在すると予言した。…

 「小林・益川理論」は、なぜ小林・益川という順でよばれるか知っていますか? アルファベットの順なんですよね。物理学の世界は、そうなんですよ。お2人とも坂田先生のお弟子さんです。
 それにつけても、益川先生のインタビューは、最高ですね。シニカルな言葉がな。たぶん、ノーベル賞の受賞を契機に、もっと基礎科学をはじめ科学・研究の充実のための活動にいかそうと考えているんだろうなと思いますよね。
 とにかく、うれしい限りです。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 子供の貧困…親から続く「負の連鎖」 | トップページ | 貧困の側からのたたかいが広がっているぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42719074

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル物理学賞に小林・益川・南部の3氏、素粒子物理学の研究で:

« 子供の貧困…親から続く「負の連鎖」 | トップページ | 貧困の側からのたたかいが広がっているぞ! »