« リーマンの破綻で… | トップページ | AIG:FRBとNY連銀が最大9兆円融資 公的管理下に »

2008/09/17

政治とカネの問題は、選挙の大きな争点でもあると思うのだけれど

 今日は、朝からたまった実務をなんとか処理。提出すべき書類も忘れていたし。

 それから原稿の発注も。今日は、3人の人と方と電話の話をする。1人は直接会って、話をする。そんな感じで仕事はすすむ。そのためによく勉強も、ね。
 いま夢中で読んでいる本も、おもしろいものがたくさん。帰りは、ジュンクによって4冊ほど本を買い込む。

 さて、いやっていうほど総選挙の雰囲気に満ちあふれてきました。でもまあ、これだけ経済が混乱しているのに、国会をやらずに大丈夫かという意見が出されるのも当然でしょうが。

 今日、気になるニュースの1つが、次のようなもの。

自民・丸川氏、自宅で事務所費計上=政党支部として1107万円(時事通信)

 自民党参院議員の丸川珠代氏が代表を務める政党支部が、東京都新宿区内にある丸川氏の自宅を事務所として届け、事務所費約1107万円を計上していたことが17日、分かった。
 東京都選挙管理委員会が公表した昨年分の政治資金収支報告書によると、丸川氏を代表者とする「自民党東京都参議院選挙区第4支部」は、同氏が当時自宅にしていた新宿区大京町のマンションを事務所所在地として報告。事務所費のほか、人件費約2114万円、備品・消耗品費約437万円、光熱水費約42万円を計上していた。…

 だいたい福田内閣の閣僚だって、政治とカネの問題はあまりにも問題があります。
 上脇先生のブログでひろっても

保岡法務大臣の政党支部が違法献金受領
補助金を受けたグループ企業が福田首相の政党支部に政治献金!
麻生太郎・自民党幹事長は政治献金を返還すべきだ!
太田誠一農水大臣の政治団体の政治資金収支報告は虚偽ではないか!?
太田大臣の政治団体はペーパー団体ではないのか?
太田誠一大臣よ、この点を説明して欲しい(ブログ上の公開質問状)
太田大臣の政治団体はやはり虚偽報告だ!
税金(政党交付金)が太田大臣の親族会社と資金管理団体に還流していた!

 太田さん、資金集めのパーティ問題でも疑惑が浮上していますから、問題おおすぎですけどね。

 同時に、共産党をのぞく政党が受け取っている政党助成金の問題もよく考えたいものです。
 「官から民へ」と、自、公、民の方々はいいますけれどね。自分だけは国からカネですか?
 その額、約320億円。この額があれば、障害者自立支援法で、自己負担をおしつけたものを元に戻すのにちょうどの額なんですよね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« リーマンの破綻で… | トップページ | AIG:FRBとNY連銀が最大9兆円融資 公的管理下に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42510557

この記事へのトラックバック一覧です: 政治とカネの問題は、選挙の大きな争点でもあると思うのだけれど:

« リーマンの破綻で… | トップページ | AIG:FRBとNY連銀が最大9兆円融資 公的管理下に »