« 学校4 | トップページ | 驚きの連続? »

2008/09/26

雇用能力開発機構廃止問題を考える

 今日は、朝から会議。午後、実務などもして、夕方、インタビューのため人に会う。2時間弱、刺激的な話を聞いた。

 その後、表記の学習会に、かなり時間的に遅れて、参加した。これは、

政府のすすめる雇用機構廃止 公共職業訓練 崩す恐れ(しんぶん赤旗)

 政府は「独立行政法人整理・合理化計画」のなかで、職業訓練業務を担う雇用・能力開発機構(厚生労働省所管)の廃止に向けて、年内に結論を出そうとしています。公的職業訓練のあり方の議論抜きに結論を急ぐ動きに、懸念の声が出ています。
 十七日、政府の行政減量・効率化有識者会議(座長=茂木友三郎キッコーマン会長)は「機構廃止」の最終方針を確認しました。機構の運営する施設についても▽職業能力開発総合大学校(神奈川県相模原市)は廃止または民営化▽職業能力開発センター(ポリテクセンター、全国六十一カ所)、職業能力開発大学校・短期大学校(ポリテクカレッジ、全国十一校)は都道府県や民間に移管―などを打ち出しています。
 赤字経営の職業体験施設「私のしごと館」(京都府)の廃止などを例に、「無駄な独立法人」という議論ばかりが目立っています。…

 というものです。
 この学習会で、研究者の方、現場の方からいろいろな報告がありました。

 本来、きわめて公共性の高い、職業訓練や職業教育。一方で、現実の若者の実態や社会のあり方との間で、その現状は、齟齬をきたしているのも事実でしょうね。そのときに、狭義の職業訓練・教育という問題での、接近と、若者の自立という視点からの広い意味での、職業教育について考えることが必要だと思います。教育の側からの接近も、従来の産業教育や職業教育という議論だけでは、ところが、厚生労働行政と、文部科学行政の間の壁があります。しかも、文部科学省のなかで、この問題をになうべき、社会教育や、後期中等教育への関心があまりにもうすいのも、教育振興基本計画にあらわれたりしています。

 討論もそれなりに面白かったですし、学習会後、若い研究者の方と、少しだけでも話ができたのは収穫です。ただ、この問題は、もっと多角的に、そして深い議論が必要な気がします。たんに開発機構の問題にとどまらない、大きな問題が潜んでいると強く思っています。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学校4 | トップページ | 驚きの連続? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42604843

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用能力開発機構廃止問題を考える:

» なぜ職業大だけが狙われたのか [大津留公彦のブログ2]
職業能力開発総合大学校卒業生有志が作る「職業能力開発総合大学校の廃校を含む公共職業訓練切捨てに反対し、その再生を進める全国共同緊急アピール」(案)のホームページに、 2008年9月3日、福田内閣総理大臣の辞任を受けて寄せられた投稿です。... [続きを読む]

受信: 2008/09/28 16:46

« 学校4 | トップページ | 驚きの連続? »