« 二男と待ち合わせ | トップページ | 政治とカネの問題は、選挙の大きな争点でもあると思うのだけれど »

2008/09/16

リーマンの破綻で…

 アメリカの大手証券、リーマンブラザーズが破綻したことが、世界経済に波風をたてている。田中宇さんなどは米金融の崩壊とまで言っている。

 アメリカの投機経済が深刻な矛盾を露呈したということは、異論はない。そのことが、世界経済に少なくない影響を与えているというのもそうなんだろうと思う。
 この”危機”が、どこまでに危機なのか。資金がショートする金融関連企業はさらに出てきそうだけれど。バンカメが、メリルリンチを吸収合併したり、破綻したリーマンの投資銀行部門は、リーマン本体への支援を断ったバークレイズが買収するというニュースも入ってきている。「バークレイズの株主に魅力的な事業について買収を検討している」と言っているそうだ。
 欧州中銀は、10兆円追加資金を市場に供給するという。

 トータルに見て、こうした動きをどう見たらいいのか。経済というのはよく分からない。少なくとも日本の90年代後半とは違って、アメリカの経済界は、とくに銀行などは、粛々と整理をすすめながら、より儲け先を選択しているようにも見えてくる。では、オイルマネーなどの動きはどうなるのだろうか。アメリカに資金は十分供給されるのか?

 危機は危機なんだろうけれど、ボクには、もう一つ本質的なことがよく分からないでいる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 二男と待ち合わせ | トップページ | 政治とカネの問題は、選挙の大きな争点でもあると思うのだけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42501156

この記事へのトラックバック一覧です: リーマンの破綻で…:

« 二男と待ち合わせ | トップページ | 政治とカネの問題は、選挙の大きな争点でもあると思うのだけれど »