« 麻生さんが自民党の総裁になりましたが――渡辺教授のインタビュー | トップページ | 何を考える麻生さん  そして学校Ⅱ »

2008/09/23

戦争への想像力――いのちを語りつぐ若者たち

9784406051514l 「戦争体験」を受けつごうとする若い世代の新たな活動が広がっている。本誌に登場する9人はいずれも70~80年代生まれの若者たちだ。「たまたま」出会ってしまった戦争体験者にたいして、60年という時間を越えて、日常生活のただ中で、どうしたら戦争の現実を伝えられるのかと懸命の努力をしている。
 若者たちは、もどかしいほど、悩みながらその作業をすすめる。しかし、そこからは、監修者の小森陽一さんが言うように、「他者の心の傷を、どのようにして人として受けとめ、自らの心の傷として引き受けつつ、共に治癒させていくかという方向をめぐる、深い探求の軌跡を、九人の記録から読みとることができる」。私たち大人の世代が、あたりまえのように受けとめていた「体験」に欠落していたものも教えられる。本のタイトルには、その若者たちの思想のようなものが込められている。
 自分の生きた言葉で、その思いを語る若者たち。彼らから私たちが学ぶことの多いことを、この本は教えてくれる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 麻生さんが自民党の総裁になりましたが――渡辺教授のインタビュー | トップページ | 何を考える麻生さん  そして学校Ⅱ »

教育」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争への想像力――いのちを語りつぐ若者たち:

« 麻生さんが自民党の総裁になりましたが――渡辺教授のインタビュー | トップページ | 何を考える麻生さん  そして学校Ⅱ »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31