« シリーズBC級戦犯(1) 韓国・朝鮮人戦犯の悲劇 | トップページ | シリーズ・戦争の記憶(1) 証言 集団自決 語り継ぐ沖縄戦 »

2008/08/19

非正規レジスタンス

M0358509501Htbookcoverimage 職場の人から借りて、読んだ。I.W.G.P.シリーズの最新作。
 女性受けのする甘いマスクの石田衣良は、扱うテーマは結構硬派なものもある。今回のテーマは「格差と貧困」。このまえ出したエッセイ集『傷つきやすくなった世界で』で、とりあげていたテーマでもある。

 石田衣良の小説は、ミステリイ? ファンタジー? あまっちょろいし、あり得ないのかもしれない。それでも、実は、いま社会でおこっている現実のもっとも大きな問題を、正面から、だれよりも早く作品世界のなかで、みごとに描き出す。この本では「千川フォールアウト・マザー」で、シングルマザーを「見えない家族」と、そして「非正規レジスタンス」では、日雇い派遣を「透明人間」として、社会からの排除という問題をかなり的を射て描き出している。

 「千川…」はほんとうに怒りに満ちている。そして、「非正規…」は、この間、明らかになった日雇い派遣の問題のエピソードををまさに、そのまま物語に取り入れている。不自然でなくユニオンも登場するところもさすがである。作品は、反貧困の人たちが「ため」とよぶ貧困に陥ることを防ぐ社会的文化的な資本を「バリアー」として、描き出すところも興味深い。自己責任論を押しつける、政治や社会への怒りに満ちた作者の視線=マコトの視線は、優しく、当事者への共感に満ちている。たしかに、あまっちょろいし、リアルでもないけれど、でも、マコトの活躍へは、やっぱり、応援したくなる。こうした作品は、きっとこの若者の問題を社会の共通した認識にしていくうえでも、大きな意味をもつにちがいない。

 現代の『蟹工船』とはどのようなものなのか。吉田修司、桐野夏生…。石田衣良だって、ぜんぜん捨てたものではないよ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« シリーズBC級戦犯(1) 韓国・朝鮮人戦犯の悲劇 | トップページ | シリーズ・戦争の記憶(1) 証言 集団自決 語り継ぐ沖縄戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42217249

この記事へのトラックバック一覧です: 非正規レジスタンス:

« シリーズBC級戦犯(1) 韓国・朝鮮人戦犯の悲劇 | トップページ | シリーズ・戦争の記憶(1) 証言 集団自決 語り継ぐ沖縄戦 »