« 格差と貧困がわかる20講 | トップページ | 北京オリンピックによせて??? »

2008/08/10

闇の子供たち

1740_img_1 阪本順治というのはすごい監督だ。たぶんいまの日本の映画監督の3本の指にはいると言っていいと思っている。その阪本がやっかいな映画をつくった。見ていて、これほど苦しかった映画はない。

 人の命はお金では買えない。しかし人間の傲慢さと欲望の代償として幼児売買、臓器密売など、罪のない幼い子供たちが安易に金銭取引されている。それを救おうとするタイ在中の新聞記者は、NGO職員とフリーカメラマンに協力を得て、取材を開始する。横行するタイの「闇」。事実を暴き、虐げられる「闇の子供たち」を救おうともがくほどに、残酷な現実が立ちはだかるのだった…。

  「闇」というのは、たぶん世界の闇というより、人間の「闇」なのだと思う。描かれているのは、幼児売買という人間自身の闇。そして、貧困という闇、それは人が見えない=見ない闇だろうか…。
 映画は問う。この現実に、どうあなたは向き合うのかと。あくまでも、押さえた描写で、映画はそう問いかける…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 格差と貧困がわかる20講 | トップページ | 北京オリンピックによせて??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42129844

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の子供たち:

« 格差と貧困がわかる20講 | トップページ | 北京オリンピックによせて??? »