« 奈良公園 | トップページ | 厚生労働白書 »

2008/08/05

東京への移動=それでも道路は…

2008080509343720080805112531 朝、9時過ぎには出発したのですけれどね。まあ、時間がかかりました。
 写真は、まず、京奈和自動車道。場所は、橿原の近くですけれど、着工から20年たっての新しい開通部分です。北に向かって、郡山で一度きれて、もう少し北にのぼると問題の平城京跡にぶち当たります。そして、木津から京都の城陽まで道路は続きます。巨椋から京滋バイパスに入って、それからしばらくして新名神です。ここも新しい部分が、亀山の近くまで伸びています。
2008080512042220080805123610 さて、それから伊勢湾岸道路に入ります。海の上を気持ちがいいですねえ(笑い)。豊田から東海環状自動車道(右)をへて、中央道へ。ここまでは、みごとなぐらいすいています。写真にも前方に自動車は全然写ってないでしょう。ここ数年の間に、道路が驚くほど増えましたね。そして、その計画は今でも、引き継がれていて、さらに道路は造り続けられている。たまに、長距離を道路で移動すると、そんなことを実感します。道路そのものは、便利ですよ。言ってみれば、必要のない道路など、存在はしないわけです。問題は、そういうことではないのです。いま、日本では何が必要かということが問われているのでしょうねえ。

20080805161747 東京に入る直前から、渋滞にぶちあたり、しかも驚くような大雨です。長男を急遽、途中でおろさなければならなくなって…。結局、自宅についたのは、9時ごろです。疲れましたし、家に着いても、働きました(笑い)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 奈良公園 | トップページ | 厚生労働白書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42077253

この記事へのトラックバック一覧です: 東京への移動=それでも道路は…:

« 奈良公園 | トップページ | 厚生労働白書 »