« 敵こそ、我が友/戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | ルポ 児童虐待 »

2008/08/14

フィンランド 豊かさのメソッド

83t83b83938389839383h 何となく、買ったフィンランド本。研究者というより、。普通の人が、フィンランドに留学した体験記という感じで、あまり先入観もなく、ありのままのフィンランドを紹介しているという感じ。
 新自由主義の影響は、この国にも影響をうけているという感じだし、経済活動の影響を受けざるえない。そういう国でも、教育で何よりも、下位の底上げが重視されていること、大学教育のほんとうの自由さ、教員の活動のゆとりと裁量。まだ、何よりも安心を重視している財政・福祉政策は、そのまま実感が描かれている。普通の国が、国づくりの模索のなかでたどり着いたのは、普遍的な人間の価値をなによりも尊重することか。
 
 最近、友人がフィンランドの森で、1週間すごしてきた。うらやましい限りである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 敵こそ、我が友/戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | ルポ 児童虐待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/42167847

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド 豊かさのメソッド:

« 敵こそ、我が友/戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | ルポ 児童虐待 »