« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | 長男の教育実習 »

2008/07/10

TOKKO―特攻―

Intgzomeisxx_200700002599_001 なかなかつれ合いが帰ってこないので、続いて見たのが、このドキュメンタリー。日系アメリカ人の立場からかなり冷静に特攻というのものの実像にせまっている。必見の映像などもある。

 体験者自身の証言は、ここにきてなされているものが少なくないとは思うけれど、実は、特攻の実像については、映画に出ていた森本忠夫の本にしても、軍隊の宣伝部隊にいた、高木俊朗jの取材などにしても、かなり正確に戦後直後から仕えられている。だから、映像という点でも、実は特攻についてかなり正確に描いている映画も少なくはない。

 では、いつから極端な、特攻への美化がはじまったのだろうか。そして、国民の意識のうえで、特攻への美化意識はどのようにつくられたのだろうか。ふと、そんなことがあたまをよぎった。戦後につくられた戦争観というものも、戦前の戦争動員とは違った意味で、よく見つめる必要があるのだろうか。と。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | 長男の教育実習 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOKKO―特攻―:

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | 長男の教育実習 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30