« ビラ配布の自由を守る7・9集会 | トップページ | TOKKO―特攻― »

2008/07/10

夕凪の街 桜の国

975b93e282cc8ax81408df782cc8d91s 今日は一カ月ぶりのお休み。午前中は、かなり強制的に眠る。でもまああまり眠れないから、結局、起きて、家事をはじめる(笑い)。

 午後、夜勤明けの連れ合いが帰ってくるかと思っていたら、職場の人と職場から飲みに行ったようで帰ってこない(笑い)。しかたがなくDVDを見ることに。それで見たのがまず、この映画。漫画は読んでいたけれど、結局、映画は見れないでいた。漫画でデフォルメされていたようなものをどう映像でリアルに見せるかというのはむずかしい問題。原爆の被害の深刻さは、原爆の絵などを使って、うまく描いていたとは思うが、インパクトには欠けるのは事実。
 でもドラマとしては、ていねいによくできている。役者も、熱演である。被爆から13年たってなくなった皆実の物語を核に、現代に生きる若者自身のとらえ方と、重ねて描く。その父や母の切ない思いと伝わってきた。佐々部さんらしい秀作だと思う。昨年公開の映画だけれど、今年もたくさんの人に見て欲しいと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ビラ配布の自由を守る7・9集会 | トップページ | TOKKO―特攻― »

コメント

暑いですね〜 東京はもっと暑いでしょうね。

映画まだみてないんです! そうですか、見てほしい映画ですか〜 ぜひ機会をつくって見てみます。

投稿: | 2008/07/13 22:03

暑いですよねえ。今日は横須賀に行かず、室内の取材で助かりました(笑い)。今週は、会議と取材の1週間。それでも疲れました。
『学習』にレポートというか論文というか、ちょっと性格付けのむずかしいものを書いたので、ぜひ、感想を送ってください。

投稿: YOU→洋 | 2008/07/13 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41798893

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国:

» ギャラントメン [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
第二次大戦のイタリア戦線が舞台 アメリカ陸軍歩兵部隊の進撃をライト従軍記者の目で見た戦争アクションドラマ [続きを読む]

受信: 2008/07/11 00:11

« ビラ配布の自由を守る7・9集会 | トップページ | TOKKO―特攻― »