« シリーズ 20世紀 “核”の内幕 | トップページ | 大学院生は「苦学」? »

2008/07/27

阿波踊り と 横浜中華街 の話

20080725190053 ここ数日の話。金曜日は、印刷工場での作業を終えて、神楽坂を歩いていると、なぜか阿波踊りをやっていた。神楽坂には、この時期、ほおづき市がたつのですが、それに引き続いて。阿波踊りがおこなわれている。結構、阿波踊りっていろんなところでやっていますよね。わが市でもありますし、隣町でも大きな阿波踊りの催しがあります。いろいろな団体が参加できて、簡単にもりあがれるからでしょうか。けっこう、美しいですしね。でも、全国、各地で、阿波踊りというのはどうもという気もないわけではないですけど。でも、街が元気になるというのがいちばんですか?

 20080727152729 今日は、朝から、横浜でしゃべらなくっていけなくって、朝早くから出かけました。うまくはなせたかどうかは、まったく自身はありませんが、午後から、つれ合いと待ち合わせて、そのまま横浜中華街に行きました。実は、ボクは、横浜中華街ははじめてで、昼のセットを食べて、生を2杯。そのあと、ぶらぶら。おもしろいところですよね。関帝廟って、三国志の関羽が祀られているのでしょうか? お茶と甘栗と月餅をおみやげに、帰路につきました。今日も、半分仕事ですが、午後からは貴重な気分転換、まあ夜は地域の会議でしたけど(笑い)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« シリーズ 20世紀 “核”の内幕 | トップページ | 大学院生は「苦学」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41988790

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波踊り と 横浜中華街 の話:

« シリーズ 20世紀 “核”の内幕 | トップページ | 大学院生は「苦学」? »