« 「教科書ネット」10周年記念学習会 | トップページ | 沖縄県議選結果の衝撃 »

2008/06/08

ある死刑囚に関する随想

 今日、秋葉原で、大変な事件がおこった。通り魔的犯行で7人が死亡したそうだ。犯人は、世の中がいやになって、人を殺そうと思ったという。
 こうした凶悪犯罪とどう向き合っていくのかというのは、この社会にとっても大きな問題だと思う。
 刑事司法はどのようなあり方が求められているのか。裁判員制度に関連して、死刑や、終身刑制度創設のことが問題になっている。いろいろ考えることが多いけれど、そんなとき弁護士の阪口さんのブログをとおして、日本裁判官ネットワークのニュースにのった「ある死刑囚に関する随想」という文章に出会った。
 ぜひ、このHPにアクセスして、読んでもらいたい文章である。凶悪犯罪を犯し、死刑判決をうけ、執行された人と、それを直接担当した検事との、死刑までの間の交流の話である。読んでいて、ボロボロと涙が出てきた。書いた人は、死刑廃止反対の立場の人だけれど、実は、ものすごく大きなことを提起している気がする。簡単に答えが出る問題では決してないのだろうけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「教科書ネット」10周年記念学習会 | トップページ | 沖縄県議選結果の衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41476145

この記事へのトラックバック一覧です: ある死刑囚に関する随想:

« 「教科書ネット」10周年記念学習会 | トップページ | 沖縄県議選結果の衝撃 »