« 申し訳ありません 腰痛が… | トップページ | 経済財政戦記 »

2008/06/21

軋む社会

9784902465136 ぼちぼちの復活です。ブログを休んでいる間も、ちゃんと、いろいろ考えています?(苦笑) もう少し、ヴァージョンアップした、ブログに生まれ変われる一歩にしたいものです。
 さて、この間、読んだ本の紹介で、いちばんおもしろかったのが、やっぱりこの『軋む社会』かな。ごぞんじ、気鋭の教育社会学者、本田由紀さんの新著。と言っても、この間、雑誌に書き散らしたものをまとめたもの。一般の読者に発信したものだからわかりやすい。
 テーマの中心は、若者問題であり、学校から社会への渡りの問題である。もちろん、ボクと彼女とは、かなり根本のところでは、違いがある。ボクは、もっと社会をある意味で、意識的に「構造」としてとらえる。だから、グローバル社会と言ったときの社会の理解は、彼女とはやっぱり違う。でも、なによりも共感するのは、彼女のセンス。若者問題のとらえ方の鋭角さ。それは、この本では、最後の若者へのメッセージに示されている。やっぱりすごい「不良少女」だと思う(笑い)。若者福祉の問題だと、たくさんの刺激と問題意識をうけとった次第。

気鋭の教育社会学者・本田由紀には、 いま、どうしてもいっておくべきことがある。 あきらめと失意、そして絶望が渦巻くこの社会を、変えていくために。 未来を支える若者が、生きやすい社会をつくるために。

 ボヤボヤしててはいけないのです。ボクは働かなければなりません(笑い)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 申し訳ありません 腰痛が… | トップページ | 経済財政戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41605065

この記事へのトラックバック一覧です: 軋む社会:

« 申し訳ありません 腰痛が… | トップページ | 経済財政戦記 »