« 重い気持ちの正体 | トップページ | NHKに賠償責任なし=番組改変で「期待権」否定-政治家影響触れず・最高裁 »

2008/06/12

原爆症訴訟、問責決議、自民財政研、いろいろな事件が

 昨日もいろいろな事件がある。備忘録的に書いておく。おととい、原爆症裁判の仙台と大阪両高裁判決での敗訴を政府は上告しない方針を決定したが、原告の側も上告をせず、判決が確定した。もちろん、原告団は、「上告断念は大変うれしく思うが、原告全員の救済を検討せず争い続けるのは、非人道的で冷酷すぎる」と言っているように、原告三百五人の全員認定と、四月に導入された新基準見直しを要望したことについて、国は、全員認定や新基準見直しはしないと表明している。原告が上告しないのは早期解決のメッセージだということであろう。国は、科学的な立場に立った誠実な対応こそ求められているはずだと思う。

 国会では、参院で福田首相の問責決議が可決された。まあ政権を担当するに値しない首相であることは、国民の意思でもある。しかし、小沢さんも党首討論をあえて、避けるというのはどういうことか。ここのところ、もっとも肝心なところで小沢民主は審議を避けるというは残念でならない。

 気になるのは。「自民党の財政改革研究会(与謝野馨会長)は11日、政府が今月下旬に決める経済財政運営の基本方針『骨太方針2008』に先立ち、消費税率引き上げを柱とした提言を公表した」(日経)というニュース。もちろん、ここには消費税増税の議論をすすめようというねらいがあるのは明白だけれど、この数年間の財政・税制の議論をふり返ってみると、いかにこの点の政策での自民党のゆきづまりが分かるような気がする。もはや、自民党政権は、はっきりいって、財政、税制の面では、基軸というものを持てなくなっているのかもしれない。これは結構、関心のあるテーマなので、近々、ちゃんとエントリーしたいテーマかな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを
 

|

« 重い気持ちの正体 | トップページ | NHKに賠償責任なし=番組改変で「期待権」否定-政治家影響触れず・最高裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41506130

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆症訴訟、問責決議、自民財政研、いろいろな事件が:

» 再開31回目 児童ポルノ規制についてのアンケート [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 外交についてのアンケートに続き、今度は「児童ポルノ規制法」についてアンケートをとりたいと思います。 児童ポルノ規制法についてのアンケート http://enq-maker.com/auKoWu7  人権擁護法やクラスター爆弾をさしおいて何を、と思われるでしょうが、こちらも結構重要な問題だと思います。  とりあえずこの法律について、児童ポルノに対しての処方などについて、ポルノを取り巻く状況について多少の質問を投げかけてみたい、と思います。  普通ならさして興味のない問題でしょうが、... [続きを読む]

受信: 2008/06/12 23:30

« 重い気持ちの正体 | トップページ | NHKに賠償責任なし=番組改変で「期待権」否定-政治家影響触れず・最高裁 »