« 娘、息子の悲惨な職場 Part 7 | トップページ | 四川省の死者1万4千人に 2万5千人が生き埋め »

2008/05/14

経団連、基礎年金の全額税方式を提言 財源は消費税

 少なくとも、社会保障のさまざまな分野に公費負担を増やすべきだと言う議論は花盛りだ。問題はその次。さまざまなところで、「財源は消費税」とささやかれる。まるで、社会保障への公費負担の増大が目的ではなく、消費税増税が目的であるようにも読めるのだ。ここは、腰をすえた議論が求められる。

経団連、基礎年金の全額税方式を提言 財源は消費税

 日本経団連(御手洗冨士夫会長)は14日、提言「社会保障制度改革に関する中間とりまとめ」を発表した。基礎年金の全額税方式化や、医療・介護保険分野で公費負担を増やすよう主張、その財源として消費税を充てるよう求めた。経団連は制度ごとに議論を深め、今秋に最終的な提言をまとめる。…

 ただ、全文はまだ、HPにアップされていない。続きは後日、かな??

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 娘、息子の悲惨な職場 Part 7 | トップページ | 四川省の死者1万4千人に 2万5千人が生き埋め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41210276

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連、基礎年金の全額税方式を提言 財源は消費税:

« 娘、息子の悲惨な職場 Part 7 | トップページ | 四川省の死者1万4千人に 2万5千人が生き埋め »