« 就職氷河期世代のきわどさ | トップページ | 防衛目的での宇宙利用容認 基本法案、衆院委可決 »

2008/05/09

長男の進路と 学校現場と

 ボクの長男は、いま大学4年生だ。就活まっさかりかと言えば、そうではなく、のほほんとした毎日を送っている。教師になりたいようだ。障害児学校に勤める母親の背中を見ていたからだろうか、障害児学校の先生になりたいという。親が言うのもなんだけれど、いわゆる「学力」という点では、かなり絶望的だとは思う。先生以外の職種も含め、学校で子どもたちにかかわることをめざすようだ。

 親だから、子どもの夢を応援したいと思う。多少、難しくても、挑戦はしてほしいとも思う。

 ただ、今の学校現場の実情をみれば、はたしれそれがほんとうにいい選択なのかは、迷ってしまう。もちろん、「日の丸・君が代」の押しつけに代表されるような物言えぬ学校の状況がある。学習指導要領―学力テスト―PDCAサイクルと言われるような評価の体制もある。それでも、学校の授業が、教師と生徒がつくるものだから、なんらか、教育的な空間というものがまったくすべて奪われたわけではない。でも、その空間を狭めようという攻撃は、確実に強まっているようだ。たとえば、自由な教育空間を準備する、教師の自由な研修にかかわるような攻撃はその最たるものだろうか。

 そんななかで、一人前の即戦力としての仕事を求められる若い教員たちは、往々にして孤立している。先日、講義をした場に、若い教員の人がいて、「職場では悩みなど相談できない」という感想をもらしていた。

 その外側には、若ものの仕事や自立が極端に不安定化されているという実態がある。たいしてお金もないボクは、彼に何をしてあげればいいのだっろうか? 若ものの不安定と向き合うのは、ボクらの仕事であることだけは、間違いないことだとは思うけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 就職氷河期世代のきわどさ | トップページ | 防衛目的での宇宙利用容認 基本法案、衆院委可決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41151662

この記事へのトラックバック一覧です: 長男の進路と 学校現場と:

« 就職氷河期世代のきわどさ | トップページ | 防衛目的での宇宙利用容認 基本法案、衆院委可決 »