« 「大人の引きこもり」2万5000人超…都が調査 | トップページ | 学校の耐震化促進、国庫補助率3分の2に引き上げ »

2008/05/22

政策、運用、整備に再編 防衛省、改革案を提示

 ボクは、この問題は、かなり深刻というか、重大な問題だと思っている。

政策、運用、整備に再編 防衛省、改革案を提示(共同通信)

 防衛省は21日、一連の不祥事を受けた組織改革案を首相官邸の「防衛省改革に関する有識者会議」(座長・南直哉東京電力顧問)に提示した。内局と統合・陸海空の4幕僚監部に分かれている本省組織を統合し「政策企画・発信」「部隊運用」「防衛力整備」の機能別に再編成、すべてを内局官僚(背広組)と自衛官(制服組)の混成組織とすることが柱。ただ幕僚監部の存廃や運用部門の位置付けは、省内の取りまとめが難航し、複数案となった。
 …改革案は守屋武昌前事務次官の汚職事件やイージス艦衝突事故などの背景として、内局と幕僚監部の権限の不明確さや業務の重複があると指摘。その上で文民統制(シビリアンコントロール)を担う防衛相の補佐機能を強化し「実効的な部隊運用ができる体制構築」の必要性を強調した。

 なぜ、深刻なのか? ボクは、どちらかと言えば、軍事オタクに近い?部類の人間なのかもしれないけれども、軍隊のことを知れば知るほど、軍隊の論理というものを知る。日本の場合、その軍隊の論理の外的な規制を、内部に取り込むような、組織論やそれをささせる国民的な認識があまり発展していないという印象をもっている。ただ、憲法の制約で押さえつけられていたものが、たがが外れて、噴き出しそうな気配だ。もちろん、そこには、自衛隊というものが、憲法の外にある存在であるために、その内実が問われるに排除されてきたという、きわめてナイーブなややこしい問題が存在するのだけれど。ここは、ドイツの軍隊などと、決定的な違いがある。

 あまりにも、現在の自衛隊は、アメリカ軍と一体化しはじめている。その制服組が、露骨に政治家とむすびついている。戦後直後に、少しは議論されたシビリアンコントロールという問題も、ほとんど、まともに、検証するような議論には、いま、なっていない。これは、石破さんだけではない。石破さんは、ボクの周りいる防衛省に関係のある人から見ても、”オタク”的な人物のようだけれど、割合と評価の高い中谷元さんのような人の議論も、実は、この点では、そう変わりはない。その背景には、現職自衛官幹部の、意識の変化があるのだと思う。
 その背景を知る上で、ちょっと面白そうだと思って今読んでいるのが、日経の春原さんの『在日米軍司令部』。その感想は、また後日。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「大人の引きこもり」2万5000人超…都が調査 | トップページ | 学校の耐震化促進、国庫補助率3分の2に引き上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41281432

この記事へのトラックバック一覧です: 政策、運用、整備に再編 防衛省、改革案を提示:

« 「大人の引きこもり」2万5000人超…都が調査 | トップページ | 学校の耐震化促進、国庫補助率3分の2に引き上げ »