« 子ども格差 | トップページ | 「道路はつくり続ける」だそうです… »

2008/05/13

空自が軍事法廷研究

 これはまったく知りませんでした。もちろん、自民党の憲法草案づくりには、現職自衛隊員がかかわったということがかつて問題になっていましたから、さもありなんということでしょうが。重大な事件です。

空自が軍事法廷研究 改憲と連動 民間人処罰も視野(しんぶん赤旗)

 名古屋高裁でイラク派兵の違憲判決をうけた航空自衛隊が、憲法の平和原則ではなく“軍の論理”を優先させる「自衛隊版軍事裁判所」設置の研究に着手していることが、十二日までに本紙が独自に入手した内部資料でわかりました。自民党などの改憲案では「軍事裁判所」の設置を提案しており、自衛隊の動きはこうした流れと軌を一にしたものです。
 内部資料は航空自衛隊幕僚監部法務課が部内向けに発行している論文誌(非公開)の『法翼』(二十三号・二〇〇四年)に掲載されている論文。表題には「日本国憲法下における自衛隊裁判所制度の導入と可能性」とあります。
 …論文は「近い将来憲法改正が現実味を増し、憲法上軍隊ではない自衛隊が軍隊として認められる可能性も出てきている」と改憲に強い期待を示しています。
 そのうえで当面の措置として自衛隊裁判所制度導入の必要性について「自己完結型の武力組織」である自衛隊の「軍紀・戦力侵害の防止」「迅速な裁判の確保」を強調しています。
 これは「自衛隊の海外における長期・大規模な国際貢献活動」など海外派兵の本格的拡大への備えです。
 海外での軍事技術、防衛秘密や国際法などにかかわる軍事知識を必要とする刑事事件の処理は「一般裁判所では困難で、軍事知識が蓄積可能な専門裁判所が必要」と強調、“軍の論理”が優先できる軍事法廷への期待を込めます。…

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 子ども格差 | トップページ | 「道路はつくり続ける」だそうです… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41200261

この記事へのトラックバック一覧です: 空自が軍事法廷研究:

« 子ども格差 | トップページ | 「道路はつくり続ける」だそうです… »