« 聖火リレーとチベットと | トップページ | シッコ »

2008/04/27

日本人はどこまでバカになるのか

02989522 刺激的なタイトルの本である。それだけに、内容的には正直、かなり荒っぽい。PISA型学力というものについて、十分な検討抜きに議論しているところなどはその典型だ。
 けれど、内容的には、十分説得力があるし、おもしろい。第一、全体として、教育問題の議論のさいに、論者がさける傾向にある、「学力はどうあるべきか」ということについて、踏み込んで議論している。だからこそ見えることがたくさんある。尾木さんは、あえて、そういう役回りを引き受けようとしているのだと思う。やっぱり、えらい人だ。

 学力テストの問題なども、シンプルで的を射ているし、尾木流のフィンランドの教育の解説も、ほかのフィンランド論にない視点もあって、わかりやすかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 聖火リレーとチベットと | トップページ | シッコ »

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人はどこまでバカになるのか:

« 聖火リレーとチベットと | トップページ | シッコ »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31