« 衆院で暫定税率を再可決 の日 | トップページ | あまり報道されない貴重な情報 »

2008/04/30

「米軍違憲」破棄へ米圧力 59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明

 これは歴史的なスクープですよね。

「米軍違憲」破棄へ米圧力 59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明 駐日大使 最高裁長官と密談(しんぶん赤旗)

 安保条約にもとづく在日米軍の駐留を憲法違反とした一九五九年の砂川事件・伊達判決に対し、米駐日大使が当時の最高裁長官と「内密の話し合い」をもつなど、判決破棄へ圧力をかけていたことが米政府解禁文書で明らかになりました。国際問題研究者の新原昭治氏が今月、米国立公文書館で入手したもの。米軍駐留違憲判決に対する米側の衝撃ぶりと、干渉を無批判に受け入れる日本側の異常な対米従属ぶりが分かります。…

 伊達判決というのは、いうまでもなく一九五九年三月三十日の砂川事件の一審判決(東京地裁)で、安保条約のもとで米軍が「極東」に出動することは、日本を直接関係のない戦争に巻き込むおそれがあり、また保持を禁じた「戦力」にあたるとして、米軍駐留は憲法前文、九条二項違反とした判決。この判決に危機感をもった支配層の裏側の記録というわけだ。
 弁護士の阪口徳雄さんが、田中耕一郎最高裁長官の人となりを紹介しながら、「最高裁の歴史上、大きな汚点である。田中耕太郎長官の行為は、最高裁にとって恥ずかしい、司法の死滅行為」と批判している。こちらも参考になるので、ぜひ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 衆院で暫定税率を再可決 の日 | トップページ | あまり報道されない貴重な情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41049942

この記事へのトラックバック一覧です: 「米軍違憲」破棄へ米圧力 59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明:

« 衆院で暫定税率を再可決 の日 | トップページ | あまり報道されない貴重な情報 »