« こどもまつり実行委員会 | トップページ | 聖火リレーとチベットと »

2008/04/26

松下子会社「偽装請負」認定=内部告発で解雇、男性の地位認める-大阪高裁

 実は、GWに、経験したことのないような大きな学習会の講師をする羽目になり、ちょっとあせって準備をしなくては、いけなくなりました。かなりオリジナリティも求められるテーマでもあるので、悪戦苦闘しています。そんなわけで、今年はまったく世間のGWとは無関係に、仕事づくめの毎日にということに。トホホです、ほんとに。準備の成果を、いつか、このブログでも紹介できればいいんですけどねえ。

 さて、一日遅れのニュースになりましたけれど、今日の朝刊にはうれしいニュースが踊っていました。

松下子会社「偽装請負」認定=内部告発で解雇、男性の地位認める-大阪高裁(時事通信)

 松下電器産業の子会社「松下プラズマディスプレイ」(大阪府茨木市)に派遣され働いていた男性が、内部告発を理由に不当解雇されたとして地位確認や慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。若林諒裁判長は、雇用形態が業務請負の形を取りながら実際は受け入れ先企業の指示で働かせる「偽装請負」だったと認定した。
 その上で、隔離職場で働かされたことへの慰謝料45万円の支払いのみを命じた一審判決を変更。松下プラズマと男性の直接の雇用関係が成立するとして地位を認め、未払い賃金など計約692万円の支払いを命じた。

 何よりも、偽装請負という問題を社会に知らしめた、このたたかい。吉岡さんは、告発のあと、期間工として直接雇用されたが、単独の職場での作業を命じられ、06年1月には契約期間満了を理由に雇用を打ち切られたわけです。その後、一審では不当な判決がありましたけれど、ねばり強いたたかいのすえの、大きな勝利です。キヤノンや日亜化学などのたたかいにも大きな影響をあたえそうです。キヤノンだって、偽装請負の告発のあと、直接雇用をすると言っていますが、結局は、期間工と派遣を交互にくりかえす、脱法行為をおこなおうとしているわけです。非正規という、異常な働かせ方にあくまで固執し、儲けを追求しようと言うのが、大企業のあらわな姿であり、常用代替を禁止するという、ほんらいあるべき労働法の基準にたった対処を回避しようと言う政治の在り方が問われているのです。吉岡さんたちのたたいかいと司法の判断をうけ、派遣労働者の権利を守るため、法の抜本改正に向けて、今度は政治が責任をはたすことがもとめられています。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« こどもまつり実行委員会 | トップページ | 聖火リレーとチベットと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/41004475

この記事へのトラックバック一覧です: 松下子会社「偽装請負」認定=内部告発で解雇、男性の地位認める-大阪高裁:

« こどもまつり実行委員会 | トップページ | 聖火リレーとチベットと »