« 働く女性の正社員率 過去最低 | トップページ | 国会で「南京の真実」が上映されたって! »

2008/04/14

大学生調査:生活費はピーク時より21万円減 06年度

 昨日は、高校の教育費について書いたけれど、学生の学費や生活費の問題も依然深刻である。

大学生調査:生活費はピーク時より21万円減 06年度(毎日新聞)

 独立行政法人・日本学生支援機構が行った「06年度学生生活調査」によると、大学生が飲食や娯楽などに使った1年間(05年12月~06年11月)の生活費は平均72万3800円で、ピーク時の00年度より21万3000円も減り、88年度と同水準になったことが分かった。一方で支出全体に占める学費の割合は61.8%と過去最高を記録。親の収入が伸びない中、懸命にやりくりする現代の学生の姿が浮かびあがった。
 …大学生の生活費は6年連続で減少し、前回(04年度)比で約5万円の減だった。これに対し、学費と生活費を合わせた全支出は189万5100円で前回比2.4%の減だった。
 生活費の内訳をみると、娯楽・し好費が13万3800円、食費は19万800円と、どちらもここ28年間で最も少なかった。一方、年間の学費は平均117万1300円(国立大65万4100円、私大132万3200円)で過去最高を更新した。

 学費が、学生の生活費を蝕んでいる。ヨーロッパでは、基本的に学費の無償というのが基本だし、生活費の補助までが視野にはいった施策が基本だ。日本は高学費という問題とともに、学生生活にほとんど支援のない数少ない国である。
 この調査の全容は、ここにある。

 この問題は、当事者がたいへんだという面とともに、こうした大学の現状で日本の未来があるのかという問題がある。中教審も、大学教育の受益者は、企業もふくめ社会全体だと言っている。社会全体がこのままでは疲弊する。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 働く女性の正社員率 過去最低 | トップページ | 国会で「南京の真実」が上映されたって! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40882872

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生調査:生活費はピーク時より21万円減 06年度:

» [大学]続・大学入学から卒業までにかかる費用のまとめ [北九州市立大学、ある学生のBlog]
ブログを開設してから追いかけている話題は数点ありますが、そのうちの1つに「教育にかかる費用」があります。ちょうど1ヶ月前先月のエントリー『大学入学から卒業までにかかる費用のまとめ』にて北九大を例にとって独自に計算してますので、詳しくはそちらもご覧下さい。... [続きを読む]

受信: 2008/04/26 00:51

« 働く女性の正社員率 過去最低 | トップページ | 国会で「南京の真実」が上映されたって! »