« イスラエル軍、ガザを攻撃 4日間で死者60人以上 | トップページ | 自衛隊はどこまで隠しているのかなあ »

2008/03/01

指導力不足で分限免職は違法=京都地裁

 教員の処分に関わって、教育行政が裁かれる判決が続いている。一昨日の京都地裁の判決。

指導力不足で分限免職は違法=京都地裁(時事通信)

 京都市立小学校で学級崩壊したクラスを受け持っていた元教員の男性(34)が、指導力不足を理由に分限免職処分を受けたのは違法として、市教育委員会を相手に処分の取り消しを求めた訴訟の判決が28日、京都地裁であった。中村隆次裁判長は「処分は裁量権の行使を誤った違法がある」として、処分を取り消した。
 原告側弁護人によると、指導力不足を理由として、本人の意思に反して解雇する分限免職処分が違法とされたのは初めてという。…

 判決は、次のように述べている。
 「原告(高橋さん)の学級における学級崩壊の要因として、原告の指導が不適切であったことがその一因ではあった可能性はあるものの、…直ちに、原告の能力が欠如していると即断されるべきではない」「原告が新任教員であること、学校における新任教員への支援体制が必ずしも十分ではなかったこと、学級の児童に指導が難しい児童が複数おり、児童同士の関係にも難しい面があったこと、原告が保護者や児童の信頼を喪失するに至ったことには管理職らの対応等にも一因があったこと、…原告に簡単に矯正することのできない持続性を有する資質、能力、性格等に基因してその職務の円滑な遂行に支障を生ずる高度の蓋然性があるともいえないというべきである」「本件処分の前提となる管理職等の評価が客観的に合理性を有するものかどうか疑わしいものであることを総合すれば、被告(京都市教委)の判断は客観的に合理性をもつものとして許容される限度を超えた不当なものであり、本件処分にはその裁量権の行使を誤った違法があるというべきである」

 「競争と管理」を基調とする教育行政が強められるもとで、学校の現場では管理職も追い詰められ独断的学校運営やパワハラが目立ってきている。その学校現場の歪みに対し、司法の立場から警鐘をならしたものだと言える。また、CEART(ILOとユネスコ共同専門化委員会)は文科省に対し、「指導力不足教員」を認定する際の「適正手続きが十分であるとは言えない」として是正を勧告している。そのCEARTの調査団が、この春、日本を訪れることになっている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« イスラエル軍、ガザを攻撃 4日間で死者60人以上 | トップページ | 自衛隊はどこまで隠しているのかなあ »

コメント

⦅「競争と管理」を基調とする教育行政が強められるもとで、学校の現場では管理職も追い詰められ独断的学校運営やパワハラが目立ってきている。その学校現場の歪みに対し、司法の立場から警鐘をならしたものだと言える。⦆まったく同感です。また、「管理職も追い詰められている」との指摘も的を射ています。ただ今日の教育困難な中でも管理職によってはかろうじて子どもと向き合える教育が成立する場合もあります。現場では、様々な子どもがいて、教師の人数が足りません。もう一人いれば、問題行動のある子どもに適切に対応できるのにと考え、そのために人員を確保するために工夫をしています。教師の指導的力量云々より現場への人的保障がすごく大切です。そのために、その引き替えに研究指定も受けることもあるのです。取引として…。ぼくのところでは、「英語教育」を受けてるようです。指定をうけてやったから、人員配置等優先してほしいと要求できるようです。評価制度によって教員の値踏みが行われ、パワハラも行われているように感じます。また、様々な教師の特性が評価制度の下で「画一的」「機械的」な人間に作られるような気がしています。教師の「やる気」「創造性」等がつぶされるように思います。このままでは、子ども同士の「競争」・教師同士の「競争」・学校間の「競争」で現場は荒んだ荒涼とした風景が見えるばかりです。

投稿: yasu | 2008/03/02 22:34

 ご無沙汰しています。この書き込みの主要な論旨は、全教の声明の焼き直しです。おっしゃるとおり、いまの子どもたちの実態から考えて、また教育に求められている質から考えて、教師の人数が足りませんよね。その量的な支援が必要です。
 ただ、ボクは、自分の知っている範囲で考えて、もう少し危機感をもっています。より、学校現場は痛んでいるのではないかと。この間の、管理と競争・評価の進行のなかで、そして教職員組合が現実的には少数となるなかで、教師の意欲や誇りみたいなものがかなり奪われてしまっているのではないかと。そういう誇りや意欲の回復・再生には単純に、量的な支援や、教育活動の自由だけでいいのかと。なかなかクリアな答えは見つかりませんが、学校の教育力が、子どもたちの実態が求めるにふさわしく回復・再生を勝ち取るには、教師だけの努力でもちょっと無理があるのではないのか?などの。ちょっと、先生方には失礼かもしれませんが、「教育の自由」というものを軸にしながらも、社会的に教師の責務や専門性を支援していくには何が必要なのかと、そんなことを漠然と考えてみたりです。

投稿: YOU→yasu | 2008/03/02 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40330949

この記事へのトラックバック一覧です: 指導力不足で分限免職は違法=京都地裁:

« イスラエル軍、ガザを攻撃 4日間で死者60人以上 | トップページ | 自衛隊はどこまで隠しているのかなあ »