« ひきこもりの若者と生きる―自立をめざすビバハウス7年の歩み | トップページ | あれあれあれ? »

2008/03/12

映画『靖国』、全議員対象に事前試写会

200803101059241 国会議員が招待されるのならボクらにも早く、見せてほしいものだ(苦笑)。まもなく公開される映画『靖国』をめぐって、ちょっと異様な事態が生まれている。ボクもまだみない映画だけれど、李監督と日本の映画配給社アルゴ・ピクチャーズは「先月ベルリン国際映画祭にも公式招待を受けた映画で、イデオロギーや反日とは関係がない」と言っている作品だ。しかし…

国会議員横ヤリの「靖国」試写会に80人 偏向指摘も(朝日新聞)

 靖国神社を題材にした中国人監督のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の国会議員向け試写会が12日夜、都内で開かれ、約80人の議員らが出席した。試写を求めていた自民党の稲田朋美衆院議員は「偏ったメッセージがある」と話し、映画に政府出資法人から助成金が出されたことの是非を、さらに検証し続ける姿勢を示した。…

 この問題を海外ではどう報じているか。たとえば、韓国の「中央日報」は(ちなみに今日のタイトルはここの見出し)、「東京と大阪で公開される映画『靖国』が12日、自民党議員たちの事前検閲を受けることになった」とまで報じる。さらに、「一部の週刊誌が最近、この映画に中国南京事件関連写真が入っている点などを掲げ『客観性が欠けた反日映画だ』と報道した。すると自民党の“伝統と創造の会”という若手議員の会が試写会を要求した。9日付朝日新聞によると、この団体の会長である稲田朋美議員は、この映画に日本政府の芸術文化振興基金750万円が支援された点を挙げ『一種の国政調査権だ』と話している」とも。国会議員が映画の内容について発言したり、その内容について調査したりすること一般は、ありえることなのかもしれない。けれど、今回の事態は正直、韓国からそう取られてしかたがない事態だと思う。まあ稲田議員は、周知の通り生粋の靖国派なのでさもありなんなのだけれど、そんな彼女たちの策動が、ある程度許されてしまうところに、この問題の恐ろしさがある。

 李監督は「この映画に反日映画というレッテルが付くのが嫌だった」と述べ、「日本人は戦争で死ねば英雄になると思うのかもしれないが、被害者たちの心情は全く考えない。日本人はこの映画を見ながら靖国と戦争に対してまた考え直すべきだ。小泉元首相にもこの映画を見てほしい」と話したという。彼の発言は真摯に受けとめる必要はあるのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ひきこもりの若者と生きる―自立をめざすビバハウス7年の歩み | トップページ | あれあれあれ? »

コメント

報道の自由劣等国の名を高からしめたノーターリン議員に乾杯!

新聞社説は報道の自由がどうのこうの、と言っているけど、それほどのもんか? チベット報道やチベットの歴史、など新聞は報道しているか?

大都市で公開してもたかだか数館。田舎の人には見れない。最初からネットで配給する仕組みを作るべきだろう。

投稿: 古井戸 | 2008/04/02 10:54

 早く見たいです。ネットで公開してほしいけれど、まあ制作の経費もありますしね。田舎では見れないのは、たしなにねえ。いろんなことを考えさせてくれますね。

投稿: YOU→古井戸 | 2008/04/10 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40479494

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『靖国』、全議員対象に事前試写会:

» 映画「靖国YASUKUNI」 [kayophoto info]
自民議員が文化庁に対し映画「靖国YASUKUNI」事前試写を要請しました。 自民党の稲田朋美衆院議員が「客観性が問題となっている。議員として見るのは、一つの国政調査権」という理由で。 以下より抜粋 http://www.webdice.jp/topics/detail/129/ 今夜のNews23でその様子が放映されるそうです。 靖国映画「事前試写を」 自民議員が要求、全議員対象に asahi.com http://www.asahi.com/national/update/03... [続きを読む]

受信: 2008/03/13 01:50

» 公開中止ヲ弔ス  映画『靖国』 YASUKUNI [試稿錯誤]
毎日新聞 3/31 映画:中国人監督が取材、「靖国」上映中止 「抗議で近隣迷惑」5映画館自粛  靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。  靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。 映画は文化... [続きを読む]

受信: 2008/04/02 10:55

« ひきこもりの若者と生きる―自立をめざすビバハウス7年の歩み | トップページ | あれあれあれ? »