« 米兵不起訴をめぐる議論と毎日「記者の目」 | トップページ | 全学年で習熟度別指導を=橋下府知事 »

2008/03/14

犬山市のみ今年も不参加=私立の受験率も低下-全国学力テスト

 来月4月22日に、2回目の全国学力テストがおこなわれる。ただし、1回目の学力テストがいったい何をもたらしたのかについて、十分な検証が、メディアでも、学問レベルでも十分におこなわれているとは言い難い。昨年末から、ことし初めにかけて、何冊かの雑誌で、特集を組んでいるけれど、いったい何をそこから学ぶ必要があるのだろうか。十分に読みこなせていないことに、反省させられるのだけれど。

犬山市のみ今年も不参加=私立の受験率も低下-全国学力テスト(時事通信)

 文部科学省は12日、4月22日に実施する全国学力テストに参加表明した学校数(2月現在)を発表した。昨年同様、愛知県犬山市内の14校を除くすべての公立小中学校が参加する一方、私立の参加校は昨年より減った。
 国立は157校すべて、公立は小中合わせ3万2060校が参加する。一方、私立は小中計472校で、昨年同期の539校を下回り、私立全体の参加率も61%から53%に下がった。

 くわしいデータはここ。私学が大幅に参加が減ったのは、何を意味するのだろうか。少なくとも、このテストの教育的な意味が(あるとすればの話だけれど)、あまり承認されていないということの証左なのだろうとも感じる、上意下達で言うことを聞く公立学校だけは参加する。それでも犬山の抵抗は続く。
 教育と子どもたちの傷が大きくならないためにも、あいまいにせずに、議論すべき問題なんだけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 米兵不起訴をめぐる議論と毎日「記者の目」 | トップページ | 全学年で習熟度別指導を=橋下府知事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40501464

この記事へのトラックバック一覧です: 犬山市のみ今年も不参加=私立の受験率も低下-全国学力テスト:

« 米兵不起訴をめぐる議論と毎日「記者の目」 | トップページ | 全学年で習熟度別指導を=橋下府知事 »