« 派遣先メーカーにも賠償命令=労災死亡事故訴訟-東京地裁 | トップページ | 成人は18歳?20歳? 民法改正議論スタート »

2008/02/14

分析官新設や合同情報会議の機能強化

 うーん。二男がついに、飛び立ちました。一週間帰ってきません。風邪は大丈夫かしらとか、無事ちゃんと帰ってこれるのかしらとか、いろいろ心配してしまいます。いじくれる二男がいないと、寂しい??? まあ、子離れの予行演習です(爆)。
 今日は、朝から、腰の調子が最悪です。最近、かなり太り気味。危険領域に入っているだけに、何とかしなければいけないんですけどねえ。

 さて、今日のお題は、ちょっとかわったもの。「情報機能強化検討会議」なるものも、安倍内閣時代につくられたもの。こんな議論をしていたのかと、少し驚かされます。

分析官新設や合同情報会議の機能強化…官邸の「検討会議」(読売新聞)

 政府の「情報機能強化検討会議」(議長・町村官房長官)は14日、首相官邸の情報収集・分析力を向上させるため、内閣情報分析官の新設や合同情報会議の機能強化などを盛り込んだ「官邸における情報機能強化の方針」をまとめた。
 情報分析官は、内閣情報調査室(内調)に5人程度配置する。各省庁からの情報を総合的に分析し、首相らに示す「情報評価書」の原案を作成する。任期は「原則3年以上」とした。…

 最近、「インテリジェンス」という言葉がやたらにメディアに登場します。例の佐藤優氏あたりが、その議論をリードしているようですが、私にもどうもいかがわしい言葉に聞こえて仕方がありません。イラク戦争の開戦にいたる過程に見られるように、どうも政治を1つの方向に誘導する際に、大きな威力を発揮しそうでしょう。この間の、日本の政治を見ても、政治の舞台で議論される「情報」には偏りがありそうです。
 もう一つは、日米軍事情報保護協定(GSOMIA)に見られるような、情報の保護や管理の問題です。市民的な自由が、「情報」の名でますます制限されていかないのかという危惧も感じてしまうのです。
 いずれにしても、この分野の専門的な議論について、だれか教えて欲しいものですが。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 派遣先メーカーにも賠償命令=労災死亡事故訴訟-東京地裁 | トップページ | 成人は18歳?20歳? 民法改正議論スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40126106

この記事へのトラックバック一覧です: 分析官新設や合同情報会議の機能強化:

» 吉永小百合「母べえ」に絶賛の嵐 [吉永小百合]
吉永小百合 当地で開催中の「第58回ベルリン国際映画祭」(17日まで)のコンペテ... [続きを読む]

受信: 2008/02/15 00:38

« 派遣先メーカーにも賠償命令=労災死亡事故訴訟-東京地裁 | トップページ | 成人は18歳?20歳? 民法改正議論スタート »