« 公教育って何なんだろか? 夜スペそして中学入試 | トップページ | 若手研究者の受難 »

2008/02/02

いよいよ岩国市長選挙だ

 いよいよ明日から注目の岩国市長選挙がはじまる。かつてのSACO受け入れのさい始まった庁舎建設補助金を、空母艦載機の移転を拒否したことから国が一方的にカットするというもとで、自民党のあいつぐ予算否認などもあり、あらためて住民の信を問うということでおこなわれる。
 ボクは、大阪出身だけど、大阪の橋下氏の岩国についての発言が、物議をよびおこしている。正直いってものすごくはずかしい。

橋下氏「憲法をもっと勉強して」 岩国前市長を批判(産経新聞)

 次期大阪府知事の橋下徹氏(38)が、米空母艦載機の岩国基地への移転をめぐり、山口県岩国市が住民投票で反対の意を示したのを批判。これに対し、住民投票を発議した井原勝介・前市長(57)が1日会見し、「民意に基づき国にもの申しているだけ。市民の声が国政に尊重されるのは当然」と反論した。橋下氏はさらに「(井原市長は)憲法をよくご存じないのではないか」と切り返した。橋下氏の発言が3日告示の岩国市選へも波紋を広げる結果となった。
 井原氏はこの日午後会見し、反論するとともに橋下氏に対して「仮に大阪府において、国政と民意が相反した場合、橋下氏はどのような行動をされるのであろうか。府民の声を尊重して国にものを言うのが知事の責任ではないだろうか」と皮肉った。
 これに対し、橋下氏は同日午後、大阪府庁で記者団に「(国政問題で)住民投票は使うべきでない」と反論。「もっと勉強してほしい」と切って捨てた。…

 弁護士として、恥ずかしくないのだろうか。憲法の歴史をみれば、補完性原則などに見られるように、住民の安全にかかわる問題に関して、地方政府の発言力はものすごく大きい。これが通説でもある。橋下氏は政府の代弁をしているにすぎない。彼こそもっと勉強すればいかがかと思う。

 それはそうと、岩国のほうは、ここにきて、井原さんを支持する人々の一体感もぐってつくりだされているようだ。ボクは井原さんを支持するし、勝利することを願っているし、確信している。
 ただ、これだけ、争点の大きい選挙であるだけに、相手陣営も必死であらゆる締め付けをおこなっているようだ。福田良彦氏(自民党前衆院議員)が「現実的対応をする」といっても、結局は「現実」には受け入れ「容認」であり、「相手が勝てばどんどん進むのは誰が考えても明らか」だ。
 相手陣営の動きを、丸山重威さんが、「国の政策に、自治体は反対できないのか 艦載機移駐、米軍再編に揺れる観光の街」という文章を、ジャーナリスト会議のHPで書いている。「全国的な問題なのに、地元や九州地区以外のメディアでの扱いが小さく、注目を集めにくい。だが、争点の拡散や地縁を頼った古い締め付けも出て、民主主義と日本の政治自体が問われる状況になっている」というのだ。目の離せない選挙である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 公教育って何なんだろか? 夜スペそして中学入試 | トップページ | 若手研究者の受難 »

コメント

福田氏が当確!!
日米同盟の大事だからして、当然の結果ですね
大阪府知事選に続いて、またもやブサヨ涙目wwwwつらいのうつらいのう、お前らがバカなんじゃwwww

投稿: 当確出ましたね^^ | 2008/02/10 23:24

 私の気持ちはエントリーしています。「それでもあきらめない」
 でもねえ、この問題は、ウヨク、サヨクの問題ではないでしょう? ウヨクの人たちからおこられませんか。

投稿: YOU→当確出ましたね^^ | 2008/02/11 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17934021

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ岩国市長選挙だ:

» 憲法を勉強すべきは橋下徹氏 [さるのつぶやき]
 大阪府知事に当選した橋下徹氏が、岩国市長選に関わり、2006年3月12日の岩国 [続きを読む]

受信: 2008/02/03 03:33

« 公教育って何なんだろか? 夜スペそして中学入試 | トップページ | 若手研究者の受難 »