« 闘うリハビリ 第1回 あなたはここまで再生できる | トップページ | 「建国記念の日」反対2・11集会 »

2008/02/11

それでもあきらめない

 福田 良彦 47,081
 井原 勝介 45,299
 とても残念な結果だ。全国から注目された、岩国市長選挙の結果である。

岩国市長選 容認派の福田氏初当選 反対の前市長破る(朝日新聞)

 在日米軍の再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県)への空母艦載機部隊移転の是非が争点となった山口県岩国市の出直し市長選が10日投開票され、移転容認派が擁立した前自民党衆院議員の新顔福田良彦氏(37)が、移転に反対する前市長、井原勝介氏(57)を破り、初当選した。これで05年秋以降膠着(こうちゃく)していた移転計画が進むのは確実で、当初の国の予定通り14年までに完了する可能性が高まった。当日有権者数は12万1717人、投票率は76.26%(前回65.09%)。

 出口調査では、基地に近い旧市部では、井原氏が大きくリードしていたそうだ。周辺地域へ徹底した締め付けと、地元経済界の動員というのが福田氏の勝利の要員と言えるのだろうか。国からの補助金のカットのもとで財政的な困難が争点逸らしを生み出したとも言えるのだろうか。期日前投票の多さは、公明党の動きも示しているのだろうか。全体として沖縄、名護市とにているという印象。
 ただ出口調査からも、深刻な基地と住民との矛盾の大きさは変わらない。ことが動けがそれだけ矛盾は大きくなる。なによりもここまで問題を問い続けた岩国のたたかいのはたした役割は大きいのだ。辺野古がそうであるように、そう簡単にこの矛盾がなくなるわけではない。これからもたたかいつづけること。ボクらにとっては、あきらめないことこそがいまいちばん大事なのだと思う。頑張れ! 岩国市民。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 闘うリハビリ 第1回 あなたはここまで再生できる | トップページ | 「建国記念の日」反対2・11集会 »

コメント

ご無沙汰してます。

ホント、残念でした。すっごい悔しい結果でした。

でも「それでもあきらめない」。ホントにそうですね。「それでもあきらめない」。うん。がんばりましょう。

投稿: | 2008/02/13 23:48

 ご無沙汰ですね。伊豆はごくろうさまでした。うちからも、卓球おばさんが1人(笑い)。いやー、つめた学習はどうも(ハハ)。そうそう、新しいブログの開設もおめでとうございます。
 さて、残念な結果ですが、内容を知るにつけ、このたたかいの意味は大きかったという感じですね。どれだけひどいことがおこなわれたか。同時に、その後の動きから言っても、正論をかかげてのたたかいは、ものすごく意味をもちそうですね。”あきらめない”は、そのときの気持ちですが、同時に、やりがいを感じてたたかうことも大事でしょうね。青森も、車力の問題など、日米の一体化の最前線ですから、がんばりがいまありますよね。
 

投稿: YOU→洋 | 2008/02/14 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40080449

この記事へのトラックバック一覧です: それでもあきらめない:

« 闘うリハビリ 第1回 あなたはここまで再生できる | トップページ | 「建国記念の日」反対2・11集会 »